極寒野池。。。
2011.01.28 Friday 18:37
 1月26日(水) 
12:00〜17:00
気温:5度(釣行開始時)
水温:6度
場所:加西市野池
天気:晴れ
釣果:2匹

世間では『大寒』という一年で一番寒さが厳しい時期にバス釣りに行くとどーなるか?
そのテーマに挑戦すべく、またもや行ってきました。
今回は相方と2人で加西市の野池を攻めてみることに。

今日は状況的にも厳しいのは分かっていたので、キャストの練習がてらの釣行やな。。。と釣る前から、釣れない布石を打ちまくる。笑

まず最初に向かったのは、【OBの池】。
現地について計測すると気温5度、水温6度、それに爆風です。。。


風が強いので、スースレなどの小型シャッドでは非常に投げにくいため、
【LIVE-X マーゲイ】でボトムをずるずるとスローリトリーブで攻めていくことに。
最深部2mあたりを攻めていると、ビニールがひっかかったよーなアタリが。。。

何の抵抗もなく手のひらサイズのおちびチャン。

激寒の中、普通に釣れたんで、子バスならいけるか。。。
などと思っていたのだが、それ以降はさっぱりアタリがない。

リアクションよりに鉄板のズル引きでサーチするも異常なし(*-ェ-)

もしかして浮いてる?

レンジを上げて攻めるために、【LIVE-X マーゲイ ステップキャット】でトゥイッチ攻めをしてみるものの、まったく反応がない。

それにしても今日も寒い。
だいたい1時間も釣りをすれば手が動かなくなる。

場所を移動。
加西市【三日月池】だ。

ボトムの起伏が分かり易いので、最深部および、水深のあるカバーに絞って攻めてみることに。
まずはカバーに対し、1/8ozラバージグをスキップさせていく。
微妙なアタリも見逃さないよーに、丁寧に丁寧に。。。

アタリもカスリもしません(*-ェ-)

半分開き直り、この時期に浮いて食ってくる体力のあるデカバスをシトメル!
ってことで、【ハマミノー106SP】で表層を攻める。
30分で断念。笑

ボトムを攻めると前回、今回の結果からボトム攻めではサイズは選べない。
ボトムに到達しない範囲で、さらにレンジを落として、【リップライザー90SP】で攻めることに。

2ジャーク、1ストップをひたすら繰り返す。

『やっぱ真冬のバスは無理やな。。。』といいながら、
ブレイクのショルダーにノックした瞬間、

『コッ。。。』っと申し訳なさそーなバイトが。
ラインスラッグをとり、スイープに合わせるとぐんぐんと生命感のあるヒキが。。。

上がってきたのは、中途半端なサイズでしたが、やっぱこの時期耐えて、耐えて、耐え忍んだ中での一匹は非常に嬉しいもんですね。

42cmの冬バス君でした。

さらにサイズアップをはかるため、夕方のワンチャンスを【夕暮れ池】にかけることに。


同じよーに、ボトムを【LIVE-X マーゲイ】、中層を【リップライザー90SP】で攻めることに。

マーゲイでボトムノックをした瞬間。。。
ビニール袋がひっかかるよーな感触が!

『この感触は。。。』

と思いスイープに合わせる。
結構重たいゾ!

ゆっくり慎重にランディングしたのは、ホンモノのビニールでした。笑


あまりにも寒さと、分かり易いオチで今日の釣りは終了。

車で手を温めていても、ノーフィッシュの相方は必死でキャストを繰り返してましたが、最終ワンバイトノーフィッシュでした。。。


今日は気温の低さに加え、風が強かったので非常に釣り辛かったです。
実はラバージグでもおそらくアタリ(自信はありませんが。。。)であろーものがありましたが、なんせ風の影響でバイトかどーかはわからないシーンが2,3度ありました。
また、そーいう状況で繊細に丁寧にやり続ける精神力が非常に大事なことも学びました。

また、それだけやっても冬はマグレで釣れないってことも、よぉ〜っく分かりました。
2人あわせて相当なキャスト数になって、バスの鼻先をルアーがかすめたこともあったと思いますが、ピッタリ合わないとバイトにはならないんでしょうね。

そんな中、それでも真冬のバス釣りは楽しー。。。って思ってしまうのはなぜでしょうね?
きっと、あれこれ考えて、狭いストライクゾーンを捉えて、そこに最適なボールを投げる難しさとオモシロサがあるんでしょうね。
決して、どMな性格なだけでは解決できないおもしろさが分かった一日でした。



★今日の一言 『これ以上状況が悪くなることもない時で、これだと思うと今後は気が楽ですね

★本日の釣果:2匹(〜40mc:1匹、42cm)

★2011年累計

【チビバス】〜30cm  :10ひき
【小バス】30〜40cm  :1ぴき
【デカバス】40〜50cm :1ぴき
【ランカー】50〜60cm  :0ぴき
【モンスター】60〜    :---
------------------------------
TOTAL 12匹


JUGEMテーマ:バスフィッシング
| どろん | お戯れ釣行(1月)♪ | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2011/01/29 8:41 AM posted by: take-tenzan
非常に厳しい条件の中、価値ある一匹を釣られましたね!
しかも、全然中途半端な大きさじゃないですよ!
この様子だと野池もイージーじゃないみたいですね〜。
今週末何処に行こうか迷ってしまいます。

それと、田渕流買って観ている最中です。
この手のDVDって捜しましたが、なかなかないもんですね〜。
2011/01/29 11:36 AM posted by: どろん
takeさん

真冬のバス釣りって面白いですよねぇ。
適当な釣りとかマグレでは絶対に釣れませんので、釣れたときの一匹はサイズ問わず嬉しいもんです。
野池も簡単ではないですが、短時間勝負なら堰堤落ち込み部をとにかく丁寧にスローに探るんが一番手堅いよーに思えます。
場所は小場所で減水しているほーが、絞りやすいと思いますが、小場所ほど凍ってます。笑

田渕流は時期は違いますが、なかなか面白いでしょ?
これだけバスの追い込み方を確立され、実践できる方は少ないと思います。
だから、今年は田渕プロにトップ50で是非優勝してもらいたいです。

是非週末がんばってください。
2011/01/30 11:34 AM posted by: ハードルアー大好き
先日シャッド攻め行ってきましたが、どろんさんのようにはいきませんでした。ソウルシャッド一本で勝負でしたがアタリもありませんでした。使われたことありますか?レンジに変化をもたせる必要がありそうですね;;
2011/01/30 3:14 PM posted by: どんぺり
確かにこの時期の一匹は、どの時期でも、どこにいっても通用する自信となりますな。
ハイシーズンでもホゲるおいらは勿論自信の欠片もありませぬがw

てか、2月に入るのに結局初バスすら手が届いてないので、真冬のおもしろさは分かんね(--)

2011/01/30 8:15 PM posted by: どろん
ハードルアー大好きさん

ソウルシャッドは使ったことないので、分かりませんです。
基本シャッドクランキングはハイカットとワスプがあればじゅうぶんなんで、気にはなってますが、使い分けに悩むだけかなぁ。。。って手を出してません。
あとはimaの【foxy fry】がものすごく気になってます。
6cm、5gという競争率の高い小型シャッド界に殴り込んでくるぐらいですから、よほど基本性能に自信があると読んでます。しかもimaですからね。。。

シャッドは個人的には10cm刻みでレンジを調整する必要があると思ってます。
そういう意味では、一つのストレッチを流してみて、反応がなければレンジの調整を変えていったほうがいいと思います。
この冬やった感想では、中層にサスペンドするといっても、ボトムからせいぜい20cmの範囲内でしたので、ボトム近辺での微妙なレンジ調整が大事だと思いますです。
2011/01/30 8:20 PM posted by: どろん
どんぺりおやじさん

この時期は難しいからこそ釣行にでかける価値があると思いますよ。
ハイシーズンに比べ、少しでも攻め方がズレると釣れませんので、分かりやすいです。
だから非常に勉強になると思います。
そしてこの時期釣れたら、どんな状況でも釣れるという確信が芽生えてきます。

2月入っても急に水温は上がらないと思いますが、都合合えこの時期が嫌いになる前にご一緒しましょ♪
2011/01/31 9:10 PM posted by: トク
どろんさん、こんばんは。


ナイロン袋って、魚と勘違いしますよね。
変な生命感っぽいもんがあるっていうか???

昨日は、OBの池や、夕暮れ池へも行きましたが、まったくダメでした。

2011/02/01 11:20 AM posted by: どろん
トクさん

この時期のナイロン袋は反則ですねぇ。
初期感触はバスとほぼ同じですもんね。
『キタァー!』っと叫びながら、他のアングラーも寄ってきつつのナイロン。。。
これ以上恥ずかしいもんもありません。笑

OBの池はあれだけ減水してると、魚影がやたらに濃いですね。
フナやら鯉やらギルを避けながら、シャッドひいてると、ロッドワークがうまくなります。笑
夕暮れ池はボトムと水深の変化が少ないので、いまだ居場所つかめてませんです。動きまわってないと思うので、どこかに潜んでるはずなんですが、読みにくい池ですね。。。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://otawamurebass.jugem.jp/trackback/60

ぷろふぃ〜る♪


かてごり〜♪


月別あ〜かいぶ♪


最近の記事♪


最近のこめんと♪


Recent Trackback


お気に入り♪


管理者ぺ〜じ♪


けんさく♪


釣果〜♪

■ 2010年 557匹
うち50up5匹、40up53匹

■ 2011年 528匹
うち50up11匹、40up80匹

■ 2012年 507匹
うち50up15匹、40up74匹

■ 2013年 382匹
うち50up26匹、40up91匹、60up1匹

■ 2014年 466匹
うち50up15匹、40up66匹

かれんだ〜

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
とけい




てんき


めっせ〜じ

下記ボタンよりメッセージやご感想いただけたら幸いです♪

人気記事〜


みんなのブログポータル JUGEM