雨の中。。。
2012.11.29 Thursday 18:13
 11月26日(月) 

時間:7:00-16:00
気温:13度 水温:12度
天気:雨
場所:東播野池
釣果:3匹(〜40cm:3匹)
同行者:OKB!さん、テトラさん


朝晩の気温も10度を下回った今日この頃。
この時期に釣りなんぞでかけるのは、一部の釣り馬鹿とどM諸氏だと思いまする。

それにしても、本日は朝から終日、完全に雨予報です(*-ェ-)
こんな日に釣りに行くのは、釣り馬鹿を通り越して、変態です。笑

一人なら間違いなく釣りなんか行かない天気ですが、ずいぶん前からOKB!さんとの約束だったんで行って参りました。

以前から当Blogを見て頂いてる方はお分かりだと思いますが、写真の背景が雨ってのはこのblogにはほとんどありませんです。
そう、僕は雨の日に釣りに行ったことがない人なんです(*vv)

濡れるのが嫌ってのもありますが、雨の日ってなんか釣りが雑になりません?
この時期ならシャッドで繊細に釣りたいところですが、手も濡れ、寒さで毛細血管まで血流が届いてない状況では、バイブや鉄板をごり巻きって感じになったり、大雑把になってしまいますもんね。

そんな中、本日はネオプレーン靴下に防水ブーツ、それに防水・防寒のためにスノボーウェアを着て、手袋をレイヤーの2枚重ねという雪山で遭難しても大丈夫な装備で出撃しました。笑

まー、そんな愚痴は置いといて、とりあえず待ち合わせの池に向かいます。
ついていきなり防水ブーツが破れていて、雨水が浸入することが発覚します(*-ェ-)

開始5分で、やる気テンションが40だったのが、10ぐらいにまで下がってます。笑
とにかく鉄板で広く探ってみますが、反応なし。

ジャークベイト【ハマミノー109SP】で探るにも、ラインが15mぐらいしか巻いておらずにすぐに断念。

次の池に移動途中に、一緒に心中してくれる人を。。。ということで、テトラさんを呼びました(・ω・)

「主の池」、「ぎょらいMAX池」で不発。
「カサパラ」にいどー。

シャッド【ウルトラスレッジ】で、ショアラインを足場高いところから攻めます。
すると、足下近辺でルアー回収途中に「ごんっ」っときました。

この池では数少ない40up君です。
ライン6lbでは抜き上げることができずに、OKB!さんが急いでタモを取りに行ってくださいましたが、途中で木にまかれました。

食い方は、全然冬の食い方じゃないですねぇ。
増水のためか、シャローに全然いてる感じです。

フォローにネコリグ【フィネスワーム+1/16oz】を投入。
インレットに落としたフォール中にラインが持っていかれます。


続いて、似たようなシチュエーションの葦際に落として、「こんっ」っと。


なんか夏の釣りみたいな釣り方です。笑

「空き屋住宅池」にいどー。
減水というより、水が抜かれる最中でした。
バイブで探ると、ごんごん鯉やらヘラさんやらに当たってまともに釣りができません。
巨ベラ一匹釣って、「丘の上2段池」にいどー。

ここではシャッド【ウルトラスレッジ】の一本勝負。
結局ニアディープ狙いではなく、ショアライン沿いで一発。


OKB!さん夕方前に所用で帰られるということで、同じく納竿。


***********************************************


本日はおそらく一日車の中で待機やな。。。
と思いながら出かけた本日の釣行、雨宿りもほとんどせず個人的には雨の中よく頑張ったと褒めてやりたいと思ってます。笑

元々釣るつもりもなく、カメラも持ってきていない状況でしたが、さすがに釣り人の性ですねん。
目の前に野池があるとついつい夢中になってしまいます。
しかも一匹でも釣ると、blog更新しないとダメなんで、適当にやるつもりでしたが、釣れないと、それはそれで腹が立ってきて本気で狙ってしまいます。笑

釣った感触では、そんなに冷たい雨でもなかったのか、想像以上に季節の進行が止まってた感じです。
きっちりサーチもせずに釣ってましたんで、確かなことは言えませんが、釣れたやつらはみんな難易度の低い、ハイシーズンなみのポジションと食い方でした。

この時期はディープよりにポジションを移すやつと、ショアでもう少し頑張るやつらが混在しますが、ディープに落ちたバス君がレンジを上げたというより、ショアの居残り組の活性が良かったのかなぁ。。。って感じを受けました。

この居残りも含め、子バスちゃんが完全に沈黙しないと、なかなかでかいやつには会えませんねぇ。

例年言うてますが、クリスマスまではこんな感じでお戯れれるので、それまでが勝負って感じでし(・ω・)

OKB!さん、テトラさん、また雨でもいいんで誘ってくださいましー。
あー、忘釣会は12月下旬でよろしいですか?笑



★今日の一言 『雨の日も釣りをするよーになったら一人前ですねん。。。』

釣果:3匹(〜40cm:3匹)

★2012年累計 
【子バス】          〜40cm:418匹 
【デカバス】 40cm〜50cm:73匹 
【ランカー】 50cm〜60cm:15匹 
【モンスター】     60cm〜:0匹  
-------------------------------------------
                  累計:506匹


JUGEMテーマ:バスフィッシング




| どろん | お戯れ釣行(11月)♪ | comments(15) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2012/11/29 7:53 PM posted by: OKB!
どろんさん、本〜当〜に釣行ありがとうございましたm(_ _)m

早々にこの日の休みが決まっていたので、自分としては珍しく早めに声を掛けさせといて頂いてたんですが...当日が近付くにつれまさかの雨予報!
愛読者としては内心ビビッておりましたです q|∵;|pヒョェ〜

しかもそのブーツにとどめを刺されましたね=3
まだ途中からだんだん止んでくれたのが救いでしたが...
それからテトラさん登場は最高でした♪

今回は寒期の釣りのリズムとか、どんな感じで回らはるのかな〜?
と興味津々で見学させてもらう予定でしたが、
まだ魚の方の季節が意外に進んでない感じで、中途半端でしたね!
しかしやる気有ろうが無かろうが関係なく(笑)淡々と魚に出会われて行く様子がサスガでした♪

また水温がもっと下がった時に、
サーチをばっちりやって、レンジも調節し倒して...と言う世界をゼヒ垣間見たいです!
これに懲りずにまたよろしくお願いいたします。

12月も休めたらいいなぁ...です|∵*|>
晴れの日に〜(笑)
2012/11/29 8:57 PM posted by: テトラ(pod)
お疲れでした!

僕と行くと釣れないとか思ってても言うたらあきませんよ!笑

今年の冬もだいぶ寒いと聞いたんですが、また挑戦すると思いますです。三木でも冬に触れそうな池チェックしとかなあきませんわー。
2012/11/30 8:52 AM posted by: だいきち
こんにちは。ジャークベイトでグーグル検索でたどり着いた、だいきちと申します。
はじめまして。

もうだいぶ寒くなってきているのに良い釣りされてますね。
僕も野池で釣りしているんですが今はバイブでしか釣れません。
といってゴリ巻きじゃなく底をとってから巻いてくるとルアーに乗ってくるアタリです。ちょっとわかりずらいです。

で、いつも勉強させていただいてるジャークベイトですが、まだ40アップ捕獲に成功してません。
いろいろ試してるんですがうまくいきませんね・・・。
2012/11/30 4:46 PM posted by: どろん
OKB!さん

お疲れでしたー。
そして運転ありがとうございます。

途中は釣りより、車の暖房で靴を乾かしてる時間のほーが長かったですが(笑)、それでも雨の日にあれだけ釣りをしたのは初めてでした。

貴重な経験をさせていただき光栄です(゚゚)(。。)ペコッ

当日は中途半端な釣りになりましたねぇ。
もっと釣れない時期に、一日せいぜい2,3ヶ所に絞ってジックリ狙う釣りも行きましょ−。
個人的にはこれからの時期はエリアを絞り込み、レンジをさらに絞り込んでの釣りに対して結果がはっきりすると思ってます。
つまり攻め方がズレますとまったく釣れない事態になります。
そのあたりの面白さを堪能してもらえればと思っとりますんで、厳寒期も休むことなく行きましょ♪笑
2012/11/30 4:54 PM posted by: どろん
テトラさん

無理矢理呼びつけにもかかわらず、来て頂きありがとでした。
苦戦が予想されたので、その状況でも楽しんで頂ける方となれば、平日ではテトラさんしか思い浮かびませんでした。笑

テトラさんと行く時は確かに釣果良くない、というかがた落ちですが(笑)、そんなコンディションの悪い時にも釣れない面白さを分かって頂ける御仁だと思ってるからでし。

まー、あまりにも釣れない時は、ついつい口にだしますが。笑
厳冬期でもまったり釣りができる三木の山池あったらおもろいですよねぇ。
僕もそろそろ探しますので、是非探しといてください。

ポイントは地形上、北西側に山や風を遮るものがあるところ、そして最深部にルアーが届くところ、ボトムの地形変化がハッキリしてるところほどバス君たちは固まりやすいでっす。
2012/11/30 4:54 PM posted by: どろん
テトラさん

無理矢理呼びつけにもかかわらず、来て頂きありがとでした。
苦戦が予想されたので、その状況でも楽しんで頂ける方となれば、平日ではテトラさんしか思い浮かびませんでした。笑

テトラさんと行く時は確かに釣果良くない、というかがた落ちですが(笑)、そんなコンディションの悪い時にも釣れない面白さを分かって頂ける御仁だと思ってるからでし。

まー、あまりにも釣れない時は、ついつい口にだしますが。笑
厳冬期でもまったり釣りができる三木の山池あったらおもろいですよねぇ。
僕もそろそろ探しますので、是非探しといてください。

ポイントは地形上、北西側に山や風を遮るものがあるところ、そして最深部にルアーが届くところ、ボトムの地形変化がハッキリしてるところほどバス君たちは固まりやすいでっす。
2012/11/30 5:15 PM posted by: どろん
だいきちさん

はじめまして。
今の時期は確かにジャークベイトよりバイブのほうが釣れますよね。
僕は大概釣りに行くのは誰かと一緒なんで、そういった巻きの釣りは他の方がされます。
だから釣れるからというより、違ったアプローチっていう意味で、ジャークベイトを投入する機会も多いです。

それと人がさんざん打ったあとでも、ジャークベイトやシャッドなら釣れるっていうシーンを何回も経験しました。

しかも、カバーからオープン、それにレンジ調整、食わせ・リアクションなど操作次第で色んな攻め方ができます。

そして何より、ハードルアーの中で一番自信があるってのが僕のジャークベイトの出番の多さにつながってると思います。

だから僕のハードルアーの攻めにおいての主軸なんです。
ジャークベイトで釣れなければ、スローにするとか、縦の動きに変えるとか、連続波動に切り替えるとか色んな展開を考えます。

要はサーチベイトなんですよねぇ。
ジャークベイトに限らず、自分の軸になる攻めがあれば、そこから色んな状況に対応できるってのがハードルアーの醍醐味だと思いますが、その軸は別にジャークベイトじゃなくてもいいと思いますよぉ。
人によっては、ジグの方もいれば、スピナベの方もいてますし、もちろんダウンショットなどのライトリグの方も多いです。

脱線しましたが、とは言え、ジャークの釣りはオモロイでっす。
特に今からの時期なら、ナチュラルなジャークに5秒ポーズとかも必要なシビアな釣りであり、また居場所を絞り込んでレンジや食い上げの距離の把握など難易度は上がりますが、釣れると本当に忘れられない一匹になります。

ぜひぜひ一緒にジャークベイト道を極めていきましょ♪
2012/11/30 6:45 PM posted by: だいきち
たくさんコメントいただき恐れ入ります。

僕の得意な釣りはラバージグ、テキサスリグのカバー撃ちなんです。巻物で言えばクランクですね。あまりなにも考えずにシャローで巻いたりなどで。
と、言いますのも自分の得意な水がマッディだというのもその理由ですが。
でも、どろんさんのフィールドに対する考察がよりレンジについて理解を深めたいと思うようになりました。
今までは考えもしなかったんです。

レンジ+ルアーのセレクト(アクション)でしょうか。

どろんさんのジャークベイトにするかシャッドにするか、そのあたりのセレクトがクレバーでいつも関心します。

ジャークベイトについてですが、どろんさんはマッディ野池ではあまり使いませんか?
ジャークベイトはやはりクリアの方が得意ですかね?
いつも使ってるのは「フェイス」です。最近出た87も使ってます。エバーグリーンが好きなのもありますがログなどアメリカンルアーも気になりますが、浜ミノーもよさそうですね。
差し障りなければオススメ一つ教えてください。

連投して、すみません。

2012/12/01 2:45 PM posted by: どんぺり
そろそろ釣り納めの時期やね
年内一発決めて気持ちいい年末迎えたいもんやけど、どんな釣り方がいいと思う?
てか、来週あたり出撃しよーぜー
2012/12/01 11:11 PM posted by: とくの相棒
こんばんわ。先週わしらも、主の池やったんですけどね。なにも起こりませんでした。だんだん寒くなってきましたが、価値の有る一匹というやつを釣りたいですね。とりあえず明日は、一人で地元の数少ない釣りOKの池に、久しぶりに釣行しようと思います。まあこんな感じで真冬も行くでしょうけど、完全に自己満足の世界ですわ。もし釣れたら、釣りがうまくなったと勘違いするというか。まあこんな感じですね。
2012/12/02 2:54 AM posted by: どろん
だいきちさん

でかいやつに絞って狙っていくならジグが一番だと僕も思います。
僕のレンジに対する考え方は、バスのポジションレンジとルアーの潜行深度です。

だからレンジを合わせるって言うより、バスのポジションから食い上がる間と距離を当日の活性に応じて変化させるって感じです。
スピナベやジャークベイトは典型的で、バス君たちがいてるであろうレンジより50cmぐらい上を通すイメージです。
それがシャッドならバス君と同目線、クランクやバイブならバス君たちより下目線を通すって感じです。
だから僕の釣りでは、ボトムまでの水深とその日におけるバス君のレンジを把握しないとルアー選択ができないんです。。。

マッディ水質に関しては、ジャークベイト全然OKですよ。
ただ、詰めてくる距離がクリアレイクとは全然違います。
リザーバーなど透明度の高いところでは、10mボトムから水面下まで食い上がってくることも多々ありますが、マッディ野池ではせいぜい30cmぐらいじゃないでしょうか?
それにジャークベイトはやはり見せてやう必要がありますので、透明度が低いほどポーズの時間を長くしてやるほーが釣れます。

逆にクリアではほぼ止めません。止めると寸前で見切る個体の割合が増えますです。

敢えておすすめを上げると、メガバスの「ビジョン110」ですね。
あのルアーはなんで釣れるか理解ができないんですが、釣れます。笑
あのサイズで子バスが躊躇なく食ってくるルアーは他にはなかなかないですねん。
本場アメリカでもあれだけ使われているぐらいですから、本物なんでしょうね。
誰がどんな使い方をしてもある程度は釣れるルアーですねぇ。
繰り返しますが、このルアーだけはなんで釣れるのかホンマ分かりませんが、ほんまに釣れます。笑
きっと我々には分からないバス君が好むフォルムと動きをしとるんでしょうね。

個人的にはフェイスとかハマミノーも釣れるし、好きなんでよく使いますが、万人受けするとは思ってません。
特にフェイスは独特の使い方でないと釣れないよーな気もしてます。
そんな感じでーす。
2012/12/02 3:00 AM posted by: どろん
どんぺりおやじさん

そーいやおやじさんとは夏以降一緒に釣りに行ってないですねぇ。
年内でかいやつ一発狙いなら、僕ならフットボールを選びますね。

この時期でかいやつらはカバーよりボトムの変化についてますし、バイブなどのリアクションではなかなか反応しよりませんもんね。

かと言って食わせの釣りでは難易度MAXなんで、重めのフットボールのR&Fでのリアクション狙いなんてどーでしょうか?

そのあたりの釣りならチェリーのほーが得意なんで一度聞いたってください。
年内は土日になりますかぁ?
また都合教えてくださいましー。
2012/12/02 3:05 AM posted by: どろん
相棒さん

ほぉ。
めずらしくお一人様で行かれますかっ?
しかも、地元攻めなんですね。笑

明日は僕も野池に誘われてるんで、三木あたりの様子見に行くつもりでーす。
こちら方面にこられるならご一緒しましょ(・ω・)

主の池はでかいやつ多いのにむずいですねぇ。
よほどタイミングと地合が重ならないと、適当バイブではまったく釣れる気がしませんでした。
夕暮れ野池も同感でした。

ああ言った皿池タイプは固まる所少なく、バス君達も散りますので今からの時期はかえって難しーですねん。

年内どでか君期待してまーす。
2012/12/03 9:06 PM posted by: だいきち
どろんさん

何度も ありがとうございます。

なるほどルアーによってバスが見て食ってくる層が違うんですね。
初めて知りました!勉強になります。

それとジャークベイト。マッディとクリアでは止める時間の違いがキモなんですね。
僕が行く野池でクリアな池ではプラグでは釣れない池があるんですが、もしかしたらジャークベイトの連続波動なんかが良いのかもしれないですね。逆に得意なマッディ池では少しポーズ長めにとってみます。その池はとにかく40〜50アップがコンスタントに釣れるんで得意意識があるんで。

ワンテン、超有名ですね。なんで今まで手を付けなかったのかなー(笑)あぁ たぶん僕の師匠が同じルアーがかぶるのを嫌うからでした。こっそり買って試しますw
それからフェイスも引き続き試行錯誤しますね。
また釣れたらご報告しますw
2012/12/04 12:45 AM posted by: どろん
巻きの釣りでは、バス君たちが自分より上のものを食う時はたいがい上あごにフッキングします。

同目線なら横にフッキングして、下目線なら下あごにかかる比率が大きいです。

つまりバイブの押さえ込みバイトはほとんど下あごフッキングですし、ミドストで中層で食わすとほぼ横がかりになります。

そんなバスとルアーのレンジ差を考えると釣った時の感動がまた違ってきますよぉ。

補足ですが、ジャークベイトはマッディでも釣れますが、あくまでもいつもマッディな野池の場合です。
日頃クリアな野池では視覚による追い込みに慣れてるせいか、そーいう池が濁るとジャークベイトは弱いですねぇ。
逆にいつも濁っている野池では日頃から測線にてベイトを追い込み慣れてるので、ジャークベイトも一切問題なしでっす。

あー、僕のフェイスは通年サスペンド調整して使ってまーす。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://otawamurebass.jugem.jp/trackback/139

ぷろふぃ〜る♪


かてごり〜♪


月別あ〜かいぶ♪


最近の記事♪


最近のこめんと♪


Recent Trackback


お気に入り♪


管理者ぺ〜じ♪


けんさく♪


釣果〜♪

■ 2010年 557匹
うち50up5匹、40up53匹

■ 2011年 528匹
うち50up11匹、40up80匹

■ 2012年 507匹
うち50up15匹、40up74匹

■ 2013年 382匹
うち50up26匹、40up91匹、60up1匹

■ 2014年 466匹
うち50up15匹、40up66匹

かれんだ〜

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
とけい




てんき


めっせ〜じ

下記ボタンよりメッセージやご感想いただけたら幸いです♪

人気記事〜


みんなのブログポータル JUGEM