強制釣り納め。。。
2015.12.31 Thursday 01:00
12月29日(月) 12:30-15:30

気温:8度
天気:曇り
釣果:8匹


釣り納めしてきました。
ていうか、釣りじゃなく別件の用事で出かけた道中で釣りをしました。

釣果はたいしたこともなく、納得した釣り納めじゃないですが、ど年末なので、これで強制的な釣り納めです。

てか、翌日忘年会の行きの道中にばんちゃんと30分ほど釣りをしたのが実質釣り納めですが。笑

今回はダウンショットのシンカー変わりにジグを付けた必殺セコリグです。笑

ボトムべた付きか、多少上づってるかどっちに食ってくるかで分かります。
この日はジグに歩がありました。






あいかわらず子バスちゃんだらけです。。。

釣ってる最中は余計なことを考えず、今年の釣りを振り返りながら釣ってました。

まー結論
今年もお戯れなバス釣りを楽しめました。

色々思い出ありますが、やはり一番の収穫は、色々な人と一緒に釣りができたことです。
今年も一人での釣行はほとんどなく、色んな人と釣りに行きましたが、全部誰とどこでどんな釣りをしてたか明確に頭をよぎります。

不思議なことにおもしろくなかった事が一度もありません。
こんな遊びって他にないんですよねぇ。

忘年会の道中でもばんちゃんと言ってましたが、同じ趣味で繋がるって、やっぱいいですね。
忘年会でも毎年恒例のたけさんやテ氏のヘビーでダーティーな話しなど話しは尽きませんでした。

いつも言うてますが、僕にとってバス釣りは手段であり、目的ではありません。
僕の目的は、釣りを通して、同じ趣味の人たちと一緒に人生を楽しく豊かにするってことです。

だから一緒に行く人達がいなければ、バス釣りはただの時間の無駄だと思ってます。
そーいう意味で、同行させて頂いた方々皆様に御礼申し上げます(゚゚)(。。)ペコッ

来年も釣れても釣れんでもわいわいがやがやよろしくおねがいしまっす♪






今日の一言『釣り納めと言っても新年早々行ってきまふ。。。(*vv)』




★2015年度 
【子バス】 〜40cm:390匹 
【デカバス】 40cm〜50cm:109匹 
【ランカー】 50cm〜60cm:20匹 
【モンスター】 60cm〜:0匹  
-------------------------------------------
2015年度 累計:519匹






JUGEMテーマ:バスフィッシング

| どろん | お戯れ釣行(12月)♪ | comments(14) | trackbacks(0) | pookmark |
釣り納め切れず。。。
2015.12.22 Tuesday 00:17
12月21日(日) 6:30-16:30

気温:1度
天気:晴れ
場所:水路
釣果:23匹
同行者:綾貴さん


そろそろ釣り納めの時期やなぁってことで綾貴さんと行ってきました。
個人的には超フィネスの練習と、自作ジグの新型の使い心地とフォール姿勢の確認も裏テーマとして持ってました。

しかし朝の気温は1度(*-ェ-)
指がちぎれそーなぐらい痛いです。。。

放射冷却の激しい朝のうちはシャッドで、昼からはど食わせ主体です。

シャッドはスースレ、ハイカット、TTMシャッドです。

何匹か子バスちゃん平らげます。


あとは5gフットボールと1.5gのジグテストをひたすら。。。

フットボール




あとはカットテール3.5やらシザーコームネコやらアンクルコビーダウンショットなどでぽろぽろと23匹ほど釣って終了。。。



昼からは風もなくポカポカ陽気で気持ちよかでした。
しかし、釣果的には満足できなかったので、釣り納めは延期することにしました。笑



*****************************************************

まーぼちぼち釣れ続きましたが、けっこーむずかったです。
そして個人的には食わせの勉強がたくさんできました。

午前中にサーチの時間を使いすぎたのが一番の悔いです。
状況的には、食いが浅いのに加え、とーぜん食い方も弱かったのでバイトがかなり取りずらかったです。

今回はそー言った激ショートバイトをスティーズのスカイレイ、ハリヤーFスペック、ウェアウルフの3本だてで拾っていきました。
まさに、レジンを徹底的に排除したコンパイルX様々でした。

おそらくバイトがあったやつは全て掛けれたと思います。
ラインを見ておかないと気づかないバイトも、グローブしながらも感じれたことがバイトロスに繋がったよーに思います。

とはいえ、でかいやつも釣れてないし、圧倒的な釣果も得れませんでしたので、年内さらに煮詰めていきます。


まー、釣りもさることながら、道中やのんびり昼食でのまったりと会話を楽しめました。
綾貴さんありがとーございましたっ。
次回はまぼろしのお戯れシャッド縛りしましょー。笑





今日の一言『とりあえず今年も500匹超えできました。。。(*vv)』




★2015年度 
【子バス】 〜40cm:382匹 
【デカバス】 40cm〜50cm:109匹 
【ランカー】 50cm〜60cm:20匹 
【モンスター】 60cm〜:0匹  
-------------------------------------------
2015年度 累計:511匹







JUGEMテーマ:バスフィッシング
| どろん | お戯れ釣行(12月)♪ | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
お寒ぅ〜なりました。。。
2012.12.03 Monday 03:15
12月2日(日) 

時間:7:00-16:00
気温:8度 水温:8度
天気:晴れのち曇りのち雨
場所:東播野池
釣果:1匹(46cm)
同行者:もっちー


いよいよ試練の12月突入です。
本日は以前からお約束してました淡路島をホームにしているエバグリもっちーとの釣行です。
行く前から苦戦が予想されていたので、せめてわいわい楽しく。。。と考え、数人お誘いしましたが、皆さんタイミングが合わなかったり、別方面に釣りに行ってたりと、結局2人で行ってきました。
気温は前日から5度低下、朝の気温は3度です。
それに伴い、野池のよーな水量の少ない場所では水温も一気に落ちます。

この時期は、何を差し置いても水の「安定」が最大のテーマですが、「ど不安定」です。笑
この時点で半泣きです(*vv)

しかも前日までの天気は一点、朝から晴れ渡り、放射冷却満点です(*-ェ-)
いつも言うてますが、一人なら間違いなく釣りなんぞ行かない状況です。。。

水温・気温ともがた落ちなんで、水量の少ない野池は避けるべきですが、近場の三木市でまったり釣りをする予定です。
なんせ完全な真冬の釣りになりそーなんで、目標は2人とも1匹と現実的な設定をします。

まず向かったのはタックルセッティングを含め、【待ち合わせ野池】に。
本日はこれからの厳冬期に備え、タックルバランスをワンランク落としております。
UL、L、Mロッドにラインもそれぞれ5lb、6lb、10lbに落とし挑戦です。

朝の段階でまずは子バスでもいーので一匹触って、その後の展開を楽に。。。
と望みましたが全く反応がありません。

【砂利道野池】にいどー。

気温は低いですが、風がないので極寒という感じではありません。
とりあえずジグ【オリジナル1/8oz+スパイニークロー】でショアカバーを攻めると、早々にラインがもっていかれるバイトが。。。


「きた、きた、きたーっヽ('∀')ノ」っと言いながらスラッグを取りフッキング体制を取った時にはすでに吐き出してました。。。

鬼のショートバイトです。
合わせるタイミングすらなかったです(*-ェ-)

まー、まだこの時点では余裕かましてました。
その後は同様のショアカバーを攻めるも、一切反応なし。

シャッド【ジレンマ】でブレイクショルダーに浮いてるやつらを狙います。

いつもなら、ちょっかいかけてくるよーな子バス君すら反応ありませぬ。。。

「水温あがる午後まではこんな感じやねぇ?」
ともっちーと会話します。
この時点では、まだまだ余裕かましてます。

とりあえず、前回までは調子の良かった、【ブラックステイン池】にいどーです。


水温は2週間前の14度から一気に8度まで落ちとります。
今日の感じではボトム近辺なのは間違いないので、レンジ下げて【ウルスレ】で狙います。

しかし、これまた反応がありません。
もっちーはボトムをバイブで狙ってますが、リアクション狙いでもそうそう反応があるわけでもなさそーです。

そーなんです。
つい一週間前まではスローにポーズを交え、誘うと子バスちゃんが食ってきましたが、今日は完全に沈黙してます。

この子バスちゃんの一斉沈黙になると初冬を通り越し、完全に真冬モードです。
ついに野池にも冬がやって参りました。

こーなるとかなりやっかいです。
基本、体力のあるデカバス君しか動きません、ってか動けません。

本日一番期待していあこの池でもノーバイト。
この池は午後の水温上がるタイミイグに合わせて、ワンチャンスの地合を狙おーと思い、いどーです。

しかし、なかなか気温も上がりません。
てか、むしろ下がってます。笑

エリアを変えて、およそ一年ぶりぐらいですが気になる池に行くことに。
【人っ子一人池】、【カトパラ】の様子を見に行きます。


しかし、まぁ〜っったく反応なしです(*-ェ-)

シャッドでは少しでも浮いてるやつらを狙いますが、今日はどの池もまったく浮いてないみたいです。
バス君たちはおそらく一斉にボトムベタ付きな模様です。
しかも当然ですが、シャローには見えバスはおろか、一切の生命感がないです。

【真ん中の池】にいどー。
ここは濁りも入ってますねん。

シャッドでは釣りづらいレンジにいてるんで、鉄板【リトルマックス】君登場です。

根掛かり多いので、ノーマルフックです。

しかし、ボトムを鉄板やバイブでずるずるして、リアクションでパクッっていうよーなイージーな展開でもなさそーです。
ジグでスローに、かなり時間をかけ攻めても、バイトすらありません(*-ェ-)

ここまで2人で相当数のキャストをしてます。
狙いも放射冷却の影響を受けない、水温の安定した最深部中心の攻めをしてます。
おそらくバスの鼻先も何度も通ってるはずです。
それでも、食えない、動けないと読んだほーが正しそーです。

釣りしてる感覚では1,2月の全く反応がない時期と全く同じです。
はっきり言って今日は激ムズです(。・・)

こーなると山間型野池は諦め、少しでも水温の高い平野部野池を攻めざるを得ません。

【ここしかない池】にいどー。

しかもこれで反応なければもう次の手がなく、完全にお手上げの僕のファイナルウエポン、シャッドキャロ【3.5g+スーパースレッジ】投入です。

ジグでボトムの状況と水深を探り、最深部の取水口付近にキャストします。
シンカーがボトムについたら、スローに繊細にちょんちょんっとトゥイッチをかまします。

一投に数分かける、かなり激スローな攻めです。
ちょんちょん、ちょんちょんっとスラッグを優しくトゥイッチしてのロングポーズ。。。

すると、ポーズ中にラインが「パンッ」とはじかれます。
ロッドにも伝わってこない弱々しー吸い込みバイトです。

そしてスイープ気味に合わせて、よーやく乗りました。。。(・ω・)
ファイト中の跳ねた時にフッキングも問題ないの分かったので、焦ることなくなんとかゲットン。


46君でしたが、まーこの状況では大満足です。
いあー、しかしここまで長かったです。

あまりの嬉しさにこのサイズでバス持ち写真も撮ってもらいました。笑
バス君の体は氷を触ったかのよーに冷たかったです。

一気にやる気アップして同エリアを同じ攻めをしていきます。
すると、同じくポーズ中にぐぅーっとラインを持っていくバイトが。。。

しかし、フッキングするとすっぽ抜けでし(*-ェ-)
まー、でも明らかに最深部付近の変化のあるところに固まってますね。

こやつらはバイブや鉄板の早い動きには反転して食うよーな体力もありません。
おそらく急激な水温低下で仮死状態なんでしょうね。

気分を良く、最後に近くの教えてもらった池に向かいますが、先行者がいたので断念。

ここのところあまりの反応の悪さに、「水抜かれたんじゃないか」という噂すら流れている、【奥の細道】池を見に行くも、雨が降ってきて調査断念。


本日はこれにて終了でっす。



************************************************

想像はしていたにもかかわらず、想像以上に本日は厳しかったです。
水温8度ってもの完全冬ですが、いかんせん急激な水温低下による8度です。

間違いなく食性では食ってこない状況です。
一日やり通して、3バイト1フィッシュという悲惨な状況でしたが、まー、こんな状況では釣りなんかするもんじゃありませんね。笑

それに回った池すべて、何故かこの時期にしてはあり得ないぐらいの満水模様でしたので、絞りにくいったらこの上なかったです(*-ェ-)

そんな中、午後の水温が上がるタイミングにいい所入ったらなんとか釣れるかなぁ。。。って思ってたんですけど、いかんせん午後になるにつれ、天気も悪化し、気温も下がっていきました。

あらゆるアクション・レンジの異なる攻めをして釣りきったところ、色々サーチするなかで、明らかにボトムべた付きなのは分かりました。
本来冬のポカポカ陽気なら多少浮くやつもいてるはずですが、今日のよーな寒気ではボトムよりおそらく10cm浮かせると釣れません。

こーなると真冬の定番シャッドでさえ、手の出しどころがないんですが、バイブ・鉄板による横の動きにはまず反応しないというか、できない状況だと思います。
それぐらい体が固まってるよーな感じですねぇ。

今回は、ダウンショットや吸い込みの弱いやつでも対応できるウエイトの軽いジグなんかで、永遠ボトムを移動距離なしで誘わないとダメっぽなシチュエーションだったので、シャッドキャロを使いました。

これはディープダイバー系のシャッドではプロダクティブがほとんど取れない超ボトム攻めです。
本日攻めた野池は最深部でも3mないので、比較的軽めのシンカーに、激しいダートは避けたかったのでショートリーダーで、ほとんど移動させない一点トゥイッチ+ロングポーズで釣りました。
しかもシャッドキャロの弱点でもある根掛かりを防ぐために本来はフローティング化してシャッドを使いますが、少しでもボトムをきりたくなかったので根掛かり覚悟のサスペンドタイプで攻めました。

そんな変態仕様の攻めをしないとたぶんハードルアーでは釣れなかったと思います。

そーいう意味では、改めて真冬のバス釣りの難しさと、その先にある価値ある一本の嬉しさを堪能した一日だったと思います。
今回の40up君も、ハイシーズンのごんちゃんより遙かに嬉しかったですからね。

もし無休でバス釣りをするんなら、これから2,3ヶ月はこんな状況が続くんでしょね。。。
これはホンマにこの釣れない状況を楽しめないとできない釣りですねぇ。

ここに来て難易度が一気に上がってますので、これからの時期は、そんな「極寒の中、釣れない中での絞り込み」を楽しめるど変態な方でないと、間違いなく心折れると思われます。笑

本日はお迎えから道中の運転までしていただいたもっちー君に感謝です。
道中わいわいおもろかったですねぇ。ありがとでした。

例年ならこの時期はお休みしているそーですが、これはこれはオモロイでしょぉ?
同様の攻めでワンバイトあった時に、非常に興奮していたのが印象的でした☆

フィッシングショーでまたお会いしましょ♪




★今日の一言 『それにしても。。。キ、キ、キ、キビシー。。。(*-ェ-)』

釣果:1匹(46cm)

★2012年累計 
【子バス】          〜40cm:418匹 
【デカバス】 40cm〜50cm:74匹 
【ランカー】 50cm〜60cm:15匹 
【モンスター】     60cm〜:0匹  
-------------------------------------------
                  累計:507匹


JUGEMテーマ:バスフィッシング





| どろん | お戯れ釣行(12月)♪ | comments(20) | trackbacks(0) | pookmark |
つ、つ、釣れねー。。。
2011.12.15 Thursday 23:35
12月15日(木) 11:00-16:00
気温:11度 水温:9度 
天気:晴れときどき曇り
場所:三木市、加西市野池
釣果:2匹(〜40cm:2匹) 
同行者:テトラさん

いよいよ水温も10度を切り、真冬の様相を呈してきたこの12月中旬、テトラさんとのこのこ出かけてきました。

朝のうちの用事を足早に済ませ、待ち合わせ場所【シャロー池】へと早速合流すると、すでにテトラさんがゴー巻きされてます。笑


状況を聞くとまったくダメらすぃーです(*-ェ-)
ハードルアーに反応が良い素直なバスの魚影が濃いこの池で、しかもバスが溜まり得るブレイク直下で反応がないとするとかなりやぶぁい感じがします。

冬とは言え、風が吹くなり、雲に覆われるなりなにかしらの環境変化がないと食わない感じですねぇ。
とりあえず、この池は無理っぽかったので、打たずにいどぉー。

先日テトラさんが50upを仕留めた【奥の細道池】です。

風裏はルアーが届きませんのでオープンをミニスコーン(オリジナル1/4ozフットボール+アンモナイトシャッド3インチ)で広くサーチすることに。

【奥の細道】の上池は全体的に水深が浅い池ですが、ボトムの変化を探るも、まったくの平池っぽい感じです。

続いて鉄板(リトルマックス1/4oz)でR&Fでリアクション誘発してみるも、反応なし。。。
しかし、釣れねー。。。(*-ェ-)

下池で攻め直します。

ボトム中心に鉄板でサーチするも、ちょっかいバイトもないので、なんせ情報がありません。
まったく状況が見えませんので、ジャークベイト(フェイスSPチューン)でニアディープを探っていきます。

しかし、無反応。。。(*-ェ-)
釣れねー。。。

今日は冬の本格チャレンジをテトラさんがされるということで、とにかくボーズだけは逃れたい。。。
そのために、一気に場所をいどぉー。

【カサパラ】に行きます。
浅い池で、しかも減水しているとの情報を得ましたので、レンジ調整が不要です。
そこをシャッドのゆっくりただ巻きかロングポーズを交えると、間違いなく反応があると確信します。

僕はサーチのため、鉄板(リトルマックス1/4oz)で様子をみます。
すると2,3回バイトがあるものらず。。。
だいたいのポジションは掴みました。

シャッド(ジレンマ)で2トゥイッチ+ロングポーズで誘うも反応ありません。

ゆっくりただまきのためシャッド(ワスプカットファスト)で狙います。

潜りすぎのため、ボトムたたきまくりーの、枯葉拾いーのです(*-ェ-)

シャッド(リップライザー60)でレンジを上げます。

しかし、これまた反応なし。。。
鉄板で確かに反応があったので口を使ってくるやつは必ずいてはるはずです。

レンジ変えずに、動きだけ変えるために、シャッド(X-rap6)に変更です。

スローリトリーブでよーやく待望の追い食い系バイトです。
やっぱ困ったときのX-rap君ですねぇ。

そして同じスポットでサイズアップです。

曇って風がでてきたタイミングに食ってきました。
急いテトラさんを呼びます。

そしてテトラさんにも枯れウィード沖側を狙ってもらうと。。。X-rap8君でヒット。
2人とも当初の目標であるボーズ逃れ成功です(*´I`)

しかもX-rapで釣れたことがやけに嬉しそーです。笑

状況とタイミングが合ってるので、魚影も濃く、40upもけっこーいてるこの池で粘っても良かったんですが、せっかくのランデブー釣行で、色々回ってもらうためいどぉー。

途中の【水爆池】をのぞくと、なんと水抜き。。。(Θ_Θ;)
池の管理人のおっちゃんは今年抜かないと言ってたのになぁ。。。

一発狙いで【丘の上池】に。

基本深い池で、シャロー壊滅パターンなんでくればでかいです。
バイブレーション(TN60)でサーチ開始します。

サーチしたハードボトムに絞り、シャッド(ワスプカットファスト)投入です。

しかし、反応なし。
それにしても釣れねー。。。

念のためシャローエリアに移動して、シャッド(リップライザー60)で様子見をするもこれまた反応がないです。

最期の望みをかけ、【げこげこ池】にいどぉー。

シャローをのぞくと、さっそくの見えバス発見です。
テトラさんが執拗に狙うも反応しません。

その他、チビバスがシャローをうろつくところを見ると、状況は良さそーなんで、浮いてるやつをシャッド(ジレンマ60)で仕留めていく作戦に。
しかし、痛恨のノーバイトです。

最期の頼みの綱、プロップベイト(プロップマジック)でマジックを期待します。

。。。が、今日はさとしんさんのパワーを持ってしても釣り上げることができませんでした。
う〜ん。
つ、つ、釣れねー。。。(*-ェ-)

夕方から飲みの約束があるので、撤収です。。。


*************************************************

本日は冬の野池を軽く攻めてみました。
結論、むじゅいです(;゚(エ)゚) 

今日はもともとソフトルアーは使わないと決めてましたが、おそらくソフトルアーでやっても結果は同じっぽい感じでした。
それと、不要な場所で粘ったり、高速の方向間違えたり(笑)とロスタイムが多かったことに加え、あれこれ悩んで移動距離が思ったより長かったのであんまり釣り時間がなかったのが一番の反省点です。

色んなタイプの野池をテトラさんに攻めて欲しかったんですが、まだまだ行きたいところがたくさんありました。

肝心のバス君たちの状況は、穏やかな日が続いた最終日だったんで、当初はいけるんとちゃう?と思ってましたが、見事に期待が外されシャローへの指しもなく、浮いてもいませんでした。

ここのところ、水深と水量のある大きな池ばかり攻めていたので、晩秋の名残を引きづった攻めが通用してましたが、本日回ったところは水深も浅く、規模も小さめの池が多く、季節の進行が早かったみたいです。
まー、春の訪れが早い池は、当然にして冬の訪れも早いですからねぇ。

そーいう意味では、もっとスローに、完全に冬の釣りをしないとダメでした。
また、一発でかいやつというより、シャッドやスモールクランクで数釣りを楽しんでもらおーとし過ぎたため、余計にしんどかったと思います。
この時期の40upの難易度と小バスの難易度は変わりませんからねぇ。

まー、今日は釣りのスタイルがよく似てる、テトラさんとわいわい楽しくできたんでヨカヨカです。
次は温排水ウハウハ釣行お願いしまーす♪

それにしても、年内あと数回お誘いを受けてますので、なんとか昨年の記録だけは抜きたいもんなんですが、あと30匹はきついなぁ。。。


★今日の一言 『この時期の1匹はサイズ問わず嬉しいもんですね。。。』

★本日の釣果:2匹(〜40cm:2匹)

★2011年累計 
【子バス】〜40cm:437匹 
【デカバス】40cm〜50cm:80匹 
【ランカー】50cm〜60cm:11匹 
【モンスター】60cm〜:0匹  
-------------------------------------------
累計:528匹


JUGEMテーマ:バスフィッシング







| どろん | お戯れ釣行(12月)♪ | comments(16) | trackbacks(0) | pookmark |
ディープ攻め。。。。
2011.12.08 Thursday 22:55
12月7日(水) 11:00-15:30
気温:10度 水温:11度 
天気:曇りときどき雨
場所:三木市、小野市野池
釣果:10匹(〜40cm:9匹、52cm) 


本日は本格冬の釣り第一弾をしてきました。
気合いを入れて朝起きましたが、あまりの寒さに断念、2度寝しました。笑

そしてゆっくりめのスタートです。
ちなみに、本日のテーマは3つです。

一つ目はこの水温でも、どシャローで『腹へったぁ〜。なんか食うもんねえかぁ?』って言ってるハイテンション激烈バス君をクランク、バイブで食わせます。

二つ目はシャッドによるサーモクライン直撃パターン。この時期は朝晩の冷え込みがきつく、表層がさむさむです。
そしてその水温の下がった冷たい水は比重が重いのでボトムに落ちます。
すると、表層とボトムの水温差ができ、バス君達は暖かい水温まで浮いてきます。

そこにおいしそーな一口サイズのシャッドをそっとプレゼンテーションしてぱっくり食わす作戦です。

三つ目はそれでもボトムから離れない、すでにやる気のない越冬モード君を鉄板やジグのバンピングで無理矢理起こしリアクション誘発させます。

まー、要はシャローから中層、ボトムそれぞれをバス君のやる気別で攻めよーということです。

まずは、【シャロー池】で様子見します。

本日は夕方より用事があるので、30分ほどの攻めです。

まずはショアラインをうろついてるやる気まんまん君をバイブ『TN-60FT』でサーチします。
異常なし。。。

何人かのシャッドマニアの人に聞かれてた噂のシャッド『シャッディングX』のスイムテストです。
このリップは水を逃がさず潜りますねぇ。
レンジは『ワスプカットファスト』や『ハイカット』ともろかぶりで、イマイチ優位性は感じられませんでした。。。

てか、これ使うなら飛距離、動き共に断然『ベビーシャッドMK-供DD』のほーがいいです。
というわけで二軍落ち。笑

中層をシャッド『ジレンマ スティープ』で攻めます。
こちらは僕の超一軍シャッドです。

すると、後ろからの追い食い系バイト。

最近マイブームの鉄板『リトルマックス1/4oz』投入。


ほか金太郎飴2匹。

本日は子バスちゃんとまったり戯れる時間がないので、即いどー。

テトラさんに攻略を任されてた【ディープ池】へ。

ちなみにここはお師匠のホームです。
僕は難易度が高そーなんで、一度昔に来たきり、足を踏み入れてませんでした。
名前のとーり、野池にしてはとにかく深い深い。
ショアラインよりも、地形の変化を読まないと非常に釣りにくいタイプの池です。

おかっぱりでは届かないところが多いので、今日はボート導入します。
そして、サーチの時間を省く意味でも魚探を活用します。
入水して、とりあえずレンジを把握します。

2m、3m、4m、5m、6m。。。どこまで深いねん(*-ェ-)
最深部では8.3mありました。笑

これは野池の感覚を捨て、リザーバーを攻めてる感覚が必要です。

まずは本日の第一のテーマ。
この12月にシャローに居残る、気の狂ったやつをクランク『コンクラ250』で仕留めます。

地形とブレイクの加減を見ながら、1ストレッチ流してみましたが反応ありません。
本来はフィーディングタイムの釣りなんで、予想どーりです。

一段レンジを落とした、中層の2.5mラインのフラットをシャッド『ジレンマ スティープ』で攻めていきます。

すると、いきなり子バスちゃん。。。

そして子バスちゃん。。。

予想外に子バスちゃんは元気ですねぇ。

こいつらがディープに沈んでくれないとなかなかでかいやつまではたどり着けません。

そしてフラットエリアからのブレイクオフを中心に攻め方を変えていくと、ポーズ中に『ドンッ』と手元までくるバイトが。。。

重いは、横に走るは、下の潜るはのとにかくやんちゃ君なんで、鯉をスレでもやらかした?と思いながらもファイトを続ける。

今日はフロロ5lbなんで、ドラグを緩めにしてると、ラインが無限にでていきます。笑

よーやく魚体を確認するとバス君です。
しかもでかい。。。

慎重にやりとりしーの、なんとかげっと。


コンディションの良いごじゅあっぷ君でした(*´I`)

釣れた所を魚探で確認。

ハードボトムの4.6mから6mへのドロップオフに付いてたやつですねぇ。
そしてそのトップには何かの沈み物ですかねぇ。
まー、そりゃ、一等地ですわ。

そしてジレンマスティープ君は今日のタックルでは3m弱までしか潜りませんので、食い上げですね。

ってことで、さらにロングビルミノー『スーパーDDスクワレル79』で4mラインを直撃します。

すると、2投目ぐらいに、またもや『どんっ』っとビッグバイト後、鯉みたいな横走りが。笑
さっきも鯉みたいやったんで、今回もバス君かとファイトしてると、『ふっ』っと急にラインテンションがなくなりバレました。。。

バレるんはいいですけど、魚体確認する前にバレるとストレスMAXですね。。。(*-ェ-)
鯉っぽかったけど、バスかなぁ。。。

気分転換を兼ね、真っ昼間の釣れない時間帯なんで、ボトムをいじります。
まずはジグ『フットボール1/4oz+4インチグラブ』でのボトムバンピングを。
セカンドブレイクの落ちきったあたりを中心に細かくバンプさせてると、『ココンッ』とバイトがありますがどーも乗りきりません。

食わせ系ジグ『3.5g+ロッククロー3インチ』で細かいシェイクで誘います。
これもバイトはあるもののなかなかのりません。

子バスちゃんなのか、激ショートバイトか分かりませんので、最近のマストアイテム鉄板『リトルマックス1/4oz』のリフト&フォールです。

すると、一投目からヒットです。


犯人はこやつでした(*-ェ-)

そして、続いて。。。






メガギルバイトです。笑

同じレンジをシャッド『アイスクリームビル』にチェンジして攻めます。

そして、よーやくミニバス君。


どーやらボトム近辺は小物の巣窟と化してます。

時間を見ると15時を回ってます。
渋滞も勘案して、夕方の用事のため撤収です。

上陸している最中に、おかっぱりの方から『どろんさんですかぁ?』と声が。。。
なんとテトラさんでした。

もっとはよ声掛けてくれたら近寄って色々話ししてたんですけど、まったく気づきませんでした。
そして時間がなかったので、あまり話しもできずにすいません。。。

しかし、その割にはボートの片づけだけはしっかり手伝ってもらって本当にすいませんです。笑


************************************************

本日は冬の釣りをレンジ別に攻めてみました。
水温は表層付近11.5度前後、中層11度、ボトム9度でした。

ほぼ当初の予想どーりでバスは浮いてる個体が多かったです。


上のよーに4mレンジの2mにでかいやつは浮いてるケースが多かったですねぇ。
6m水深のところでは4mあたりに魚影がよく見られました。
おそらくそのあたりに水温の境界線(サーモクライン)があり、冷たい水を嫌うバスと、冷たいながらでもボトムに固執するバスに分かれてるよーな感じでした。

こんだけ中途半端なところにステージングされると、シャッド以外打つ手なしって感じですね(*-ェ-)

子バスちゃんやギル君達は、おそらく雨や風による水温変化を嫌って、ボトム近辺(5、6m)に固まってたんでしょうね。

ただ最深部8mフラットには一切の生命感は無かったです。
おそらく8mラインは死に水でしょーね。

そんな中、本来は朝からキッチリ攻めて、時間帯によるレンジの上げ下げを追いながら、詰めていきたかったんですが、昼間一本勝負では中層メインにならざるを得ませんでした。

けっこー規模が大きく、レンジも深い野池なんで朝からみっちり楽しみたかったです。
ってか、それやったら寝坊すな。。。って感じですね。笑


バス君達の状況は『まだなんとか』動ける状態だと思います。
12月中は言うても、追ってきてまで食わないだけで、目の前にルアーが届きさえすれば食ってくれます。

冬のセオリーですが、少しでも『水温変化の少ない』北風をプロテクトされた場所や、少しでも『暖かい』場所を探すことがこれから厳冬期にかけての鉄則です。

そしてこれからの時期は西高東低の気圧配置で、北西風ばっか吹きますので、野池はまず北側から攻めましょー。
そして、暖かい日が続いた午後はシャローがアツイです。
一日数回食いに上がってきますので、時間帯を変えてしつこく狙ったほーがコンディションのいいやつが獲れると思います。

その逆に寒冷前線が通過した直後なら、なんぼ天気よくぽかぽかしても、シャローを捨てディープが狙いが正解です。
放射冷却によりシャローにまったく生命感がなくなります。
ってか、そーいう日は、なにしても釣れない確率のほーが高いです。笑

今日は12月にしては穏やかで、しかも前日までの気温も安定していたので比較的レンジを上げてたと思いますし、それほどスローに落とす必要がなかったよーな感じです。

もう少し冷え込んでると、ボトムに固まりますので、テトラさんがやってたライテキや、ジグの釣りのほーが釣れるよーに思います。

個人的には鉄板の使い方をほぼ理解しましたので、これからの厳冬期はシャッドおよび鉄板、そしてジグの3本柱メインの釣りになりそーな予感です。


★今日の一言 『ディープの世界はディープですねぇ。。。』

★本日の釣果:10匹(〜40cm:9匹、52cm)

★2011年累計 
【子バス】〜40cm:435匹 
【デカバス】40cm〜50cm:80匹 
【ランカー】50cm〜60cm:11匹 
【モンスター】60cm〜:0匹  
-------------------------------------------
累計:526匹

JUGEMテーマ:バスフィッシング











| どろん | お戯れ釣行(12月)♪ | comments(22) | trackbacks(0) | pookmark |
ルアー実験。。。
2011.12.01 Thursday 23:20
12月1日(木) 1:00-16:00  21:00-22:30
気温:11度 水温:12度 天気:曇りときどき雨
場所:三田市、加西市野池
釣果:6匹(〜40cm:6匹) 
同行者:どんぺり氏、ヒロ君



いよいよ12月突入ですねぇ。
世間一般ではバス釣りはオフシーズンなんですかねぇ?
今からの時期は居場所とレンジを把握しないとマグレあたりがない時期なんで好きなシーズンです。

今日はどんぺり氏と青野ダムの釣行予定だったんですが、青野の詳しい方々に聞くとボートでのボトムの釣り以外釣りにならないそーなんで野池に変更です。
そして、あまりにもの寒さで昼からの出動となりました。

しかも途中昼食をますたぁさんの店でだべりながら食べましたんで、2時間ぐらい休憩しました。
つまり、好きな時期と言いながら、お互い乗り気になれず結局ほとんど釣りしてません。笑

とりあえず、試したいことがあったんで、久しぶりに【OBの池】にいきました。
減水はあまり進行してません。

まー、今日は水温が激しく変動してますのでまず釣りになりませんが、サーチの意味で【ルドラSpec2】を先発させます。

予想どーり反応なし。
ジャークさせてバスちゃんが目を覚ましたころあいに、【バリソンミノー100F】の柔らかい波動でただ巻きします。


鯉のスレっぽいあたりはあるものの、特に異常なしです。
まー、こんなルアーでこんな釣り方で釣れれば誰も苦労はしません。

そしていよいよ、本日のやってみたいことの下準備をします。
まずはセカンドブレイク近辺にいてるであろーバスちゃんを【ダウンショット】(3.5g+ラバー付きフックミートヘッド3インチ)で探します。


すると樋門の延長戦上で待望のバイトが。。。
サーチするだけなんで、フッキングは敢えてしません。

そこへ、実験君【シャッドキャロ】(3.5g+X-rap6)投入です。
なぜキャロかと言うと、この時期の吸い込みの無さはあきれるほどです。
小さめのシャッドでないとなかなか吸い込んでくれませんが、小さいシャッドはなかなかボトムまで到達してくれません。


ショートディスタンスでキャストしてシンカーをボトムま沈めます。
そして弱くトゥイッチを2回、その後の鬼ポーズ。

ペグ止めせず、しかもスローフローティング化してますので、じわじわゆっくりX-rap君が浮きます。
その瞬間、「コンッ」と教科書どーりのバイトが。。。

子ヘラちゃんでした。。。(Θ_Θ;)
ティンセルだけ見て食ってきたって感じですね。

再度同じように、ダウンショットでバイトがあったあたりをスローに攻めます。
そして、「コンッ」っとまたもや子ヘラちゃんみたいなバイトが。。。

バス君でした(*´I`)

お腹に泥がついてるので分かると思いますが、この寒波でボトムにべたべたっぽいです。
同じやり方でさらに一回り小さいサイズを追加します。

まー、チヌ釣りのいわゆるMリグってやつの釣り方です。
チヌも釣れますが、もちろんバスも釣れます。
これからの時期の青野ダムや琵琶湖のディープを探れるよーに、もう少し要領を得ていきたいと思いました。

そしていどー。昼食です。
昼食時の会話
どんぺり氏「このあとどーする?」
どろん「どっちでもいいですよぉ」
どんぺり氏「せっかく来たんで、あと30分だけしよっか」
どろん「りょーかいでっす」

このよーに2人ともやる気ゼロです。

とりあえず、もう一つだけ池を回ることに。
【カサパラ】です。

ここは冬の鉄板池ですが、厳寒期に備え様子を見に来ました。

ここではフラッドサイドミノー【FLR8(フラットラップ)】で挑戦です。
ラパラお得意のバルサ素材なんですが、固定重心にもかかわらず鬼のよーなかっ飛びをします。
そしてバルサならではの、鬼のキレです。
しかも鬼のよーなフラッタリングアクションをします。笑

ただ今日のよーな状況では、シャローレンジまではさすがに浮いてきませんねぇ。
今日はキャストレングスとアキュラシー、それにソフトジャーク時の挙動を確かめたかっただけなんで、これはこれで満足です。

ラスト15分。
最後に確かめたかったのが、【プロップマジック75FSバージョン】です。

これも冬のボトム攻めで使いたいと思って色々試しています。
写真では分からないんですが、ウェイトチューンにより、より潜る(巻いても浮き上がらない)セッティングです。

このルアーはやっぱ反則です。
やけに不健康そーな体色のバスちゃんです。笑

そして、このルアーの色は金黒に限ります(´・ω・`)b

ポジションを絞り込んでのラストはダブルヒットです。
まさにさとしんマジック。
ディープバージョンも健在です。笑

ダブルヒットなんで仕方ないですが、このルアーでリアフック一本がかりはこれが始めてです。

こんな感じでだるだる釣行終了〜。。。

と思って帰ってる最中にヒロ君からメールが。。。
「今晩釣りに行きません?」って(*-ェ-)

いいんですけど、今は12月ですよ。笑

とりあえず、お付き合いすることにして、三田の野池に行きました。
現地では鬼寒波、激風、そして雨。。。

こんな状況下でフィーディングにきているやつをトップで狙います。
新作【XRPR(X-rap PROP)】君です。

こんな12月の寒空の中、爆風ウィンディサイドのシャローをトップで食ってくれば、100%その池の主クラスですね。笑

てか、あまりの寒さに断念です。。。

************************************************

今日は来るべき冬に向けてのルアーの実験みたいな釣りになりました。
結果ラパラのルアーメインになりましたが、真冬に実験してもまったく反応がなく分かりにくいので、結果としてはなかなか感触が得れて良かったかなぁ。。。って思ってます。


実験  X-rap】のシャッドキャロ

ロングビルミノー(【キッカーイーター】や【SuperDDスクワレル79】など)ではサイズがでかすぎる、もしくはリアクションを求めるためにキレが必要という場面で有効だと感じました。

【アイスクリームビル】や【ジレンマ スーパースティープ】ではボトム到達まで距離がかかり、プロダクティブをほとんど引けない状況ってよくあります。
あるいは、最深部にキャストしても届かない時ってのもあります。
そーいう時には抜群に効きます。

個人的には3m以上のディープにいてる魚はルアーの「キレ」に弱いよーな気がします。
ロングビルやディープクランクに代表されるリップの長いルアーは、そのリップで水流を動きに変えるのではなく、潜るために水を噛む必要があります。
だから動きが「ヌメヌメ」ってしてます。笑

その深さで水を逃がすキレのある動きは、ディープの魚は日頃目にする機会がないため、強烈に効きます。

【ダンク】やXRDDDスクワレル、それにアイスクリームビルがハマルと手に負えないのはそのためです。
それをキャロを用いて疑似体験をしました。
ルアーはX-rap】じゃなくても、シンカーの微妙な動きをアクションに変えれる繊細なシャッド(【スースレ】や【ハイカット】、【ベビシャ】など)ならなんでもいいと思います。

ちなみにリーダーの長さ次第でアクションは全然変わりますので、色々試してみるのも面白いかもですね。

実験◆ 擅藤味8(フラットラップ)】のばたばたアクション。

このルアーは釣り込んでないので、まだまだ未知の段階ですが、使いこなせば必ず武器になるミノーだと確信しました。
X-80トリックダーター】のキレをさらに良くして、フローティング化して、バリソンミノー】の適応リーリングスピードを上げて小さくしたミノーって感じです。笑

バルサなんで、ただ引きできびきびしたウォブリング専門ルアーかなぁ。。。って思ってたんですけど、多才なアクションをします。
ただ引きからショートジャーク、トゥイッチ、それにストップ&ゴーなんでも色んなアクションができるので春から晩秋まで使えるルアーだと思います。
来年は使い込みたいルアーの一つです。

実験 期待の新人、XRPR(X-rap Prop)】

【ビハドウ】の波動を上げた版、みたいな感じです。笑
前後逆回転のペラが同時にまわるため、まっすぐ泳いできます。
ルアーのゆったりまっすぐ動きが遅いのに、ペラだけが高速回転。。。
これが、この手のルアーが効く理由だと思ってます。

シンカー貼って、サブサーフェイスで使ったら。。。とか妄想が膨らむばかりです。
これまた来年のハイシーズンは一軍間違いないルアーです。

実験ぁ,気箸靴鵐泪献奪【プロップマジック75】のファーストシンキング。

サブサーフェイス系のルアーなんで、今からの時期は使いにくいですが、その餌とまで形容される食わせの力は健在です。
それを沈めて使えるよーに、ベリー部にウエイトシールを貼ってレンジ調整をしました。
ノーマルではボトムまで沈めても、巻いてると浮き上がってきますが、スローリトリーブでレンジをキープできるバランスを取ります。

結果、今日イチのバイトを得られたんで、大アリだと思います。
オリジナル同様の、完全に食わえて反転してから気づくよーな自然な食い方をそのままに、レンジを下げた攻略ができます。

てか、途中で思ったんですが、これもダブルフックにしてキャロで使えばけっこー釣れると思います。
小型【スクリューベイト110】みたいな感じでしょうか・・・。

こんな感じのルアーとのお戯れでした☆


肝心のバスの状況は相変わらずシビアです。
普通に釣りしてても子バス君でさえなかなか釣れないと思います。

水の中は完全に冬模様です。
この寒波で一気に気温、水温とも下げましたんでこれでよーやく水温10度前後で安定すると思います。
ここ1ヶ月で10度下がった水温も、今からは2月後半まで下がっても6度ぐらいまで(4度降下)なんで、水温は安定しはじめます。

すると越冬前の食いだめの時期になるんで、目の前に落とすか、目の前で止めることができれば口を使ってくれます。
時期は12月後半までなんで、年内もまだまだチャンスがあると思います。

クリスマス過ぎてから2月末ぐらいまでは、目の前にルアー持っていってもなかなか食わないですから、ぜひぜひ最後の悪あがきをやりましょー♪


★今日の一言 『ついに冬来ました。。。』

★本日の釣果:6匹(〜40cm:6匹)

★2011年累計 【子バス】〜40cm:426匹 【デカバス】40cm〜50cm:80匹 【ランカー】50cm〜60cm:10匹 【モンスター】60cm〜:0匹  累計:516匹


JUGEMテーマ:バスフィッシング









| どろん | お戯れ釣行(12月)♪ | comments(14) | trackbacks(0) | pookmark |
小冬日和。。。?
2010.12.23 Thursday 21:09

12月22日(水) 

12:00〜16:00
気温:13度(釣行開始時)
水温:11度
場所:加西市野池
天気:晴れ
釣果:5匹(〜40mc:4匹、40cm)

12月にしては比較的穏やかな天候の中、冬のシャッドゲーム第2弾釣行にでかけてきました。
今日はカバー打ちもなし、ロッド1本シャッドオンリーの定例調査的攻めをします。

向かった先は加西市野池群。
まずは、【抜かずの池】に。


ご存じ今までバスを釣り上げたことのない野池だ。。。

今日は珍しく減水している。
池の半分は水深が異常に浅くばっさり切り捨てることができる。
深い堰堤側には先行者の方がいたので、たぶんいてないであろう浅い側を、減水野池定番バイブでサーチすることに。
小粒の信頼度MAX【デシベル】君だ。


ひととおり流すもやはりこの時期に水深1m以下をクルーズしている強者はなかなかいない。
堰堤側に移動しよーにも、アングラーが増えてたので端っこで勝負。

【ウルトラスレッジ】に変更して、堰堤落ち込み部を狙う。
お約束の【ちょんちょん+ポーズ】で『コンッ!』っと。

真っ白バスちゃん。
この池でバスをはじめて釣りあげ、攻略終了。笑

次に向かったのは、【OBの池】だ。

久しぶりとなるこの池もだいぶ減水している。
コチラの池も深い側はヘラ爺さんたちに占拠されている。

申し訳なさそーに、隅っこで【スーパースレッジ】(上)投入。


足場が異様に高かったので、すぐに【ウルトラスレッジ】に変更(下)。

そして、ブレイクの落ちきったところで、おちびちゃん2発。




他に打つところもないので、移動。

お馴染み、【ゲコゲコ】池に。


なんとここでも、堰堤側の深いところにヘラ爺さん。
今日はバスより、爺さんたちの活性がやたらに高いみたいだ。。。

仕方ないのでシャロー側へ。
水深も30cm。
スーパースレッジでも底つきまくるので、【X-RAP6】に変更。


得意のスラッシングでスーイスイ。
『コンッ』っと小粒のアタリでやってきたのは、ロリバスちゃん。


どーも今日は釣りをしている感じがしない。
てか、何故か人が多い。。。

間違いなく、人がいないところと向かったのは【丘の上2段池】だ。


よし、誰もいない。
それにしても、いくら冬とはいえ、もー少しぐらい風が吹いてもらわないと釣れる気がしない。
まずは、【スーパースレッジ】で前回のヒットポイントを攻める。
ちょんちょん、ちょんちょん。

あれ。。。?
反応がない。

激しめにジャーク、ジャーク、ポーズ。

あれ。。。?
反応がない。

レンジを下げるために、【DDスクワレル67】に変更。


ちょんちょん。ちょんちょん。
ボトムをコン、コンっとノック。
お留守みたいです。。。

う〜ん。
なんか底ベタって感じじゃないんやけどなぁ・・・。

最終手段。
【ハイカット】投入。


ライン12lbでトゥイッチしても浮いてこず、レンジをキープできるのはシャッドは、このルアーぐらいだ。

ハードボトムに時折コンタクトさせながら、弱めのトゥイッチ。
そしてポーズ。
もう一度、トゥイッチ。。。『ゴンッ!』

きたぁー。
もんどり打って食うのが見れたのは、この12月なら十二分に満足なシーンだ。

上がってきたのは、それほど大きくなくジャスト40君。


本日は夕方用事があるので、これで終了。

今日は実釣時間は2時間ほど。
しかも、最後の野池以外は打ちたいところも打てないというストレスが貯まる釣行でしたが、12月にしては暖かく、そして風もなく、まさにシャッド日和でした。

前回の釣行と比べて釣りにくかったと感じたのは、水がだいぶ澄んでたからです。
いよいよバクテリアも死滅していき、不純物が少なくなってきましたねぇ。

シャッドは他のハードルアー以上に、『見せて、見せず』が大事が気がします。
そのため、多少の騙しやすい濁りがあると楽なんですが、スケスケになるとやりにくいです。
ひょっとしたら、スケスケになればバスのレンジは下がるかもしてない。。。ってのも感じました。
サスペンドしている雰囲気がなかったです。
ボトムのストラクチャーから食い上がってくるよーなアタリばっかりでした。

ダンクやプレデターやプロズスパイクのよーな、ボトムを這わせるシャッドのほーが良かったかもです。。。が検証する時間がなかったです。
次回にでも確かめます。

あと、反省点としてはラインが今日はフロロの12lbでした。
替えのスプールを持ってくるの忘れたんで、それしかありませんでしたが、シャッドやるならやっぱ太くても8lbですね。
12lbでは動きはイマイチだし、まったくもって潜りませんです。笑
非常に釣りにくかったです。


★今日の一言 『シャッドは奥が深いですねぇ。。。

★本日の釣果:5匹(〜40mc:4匹、40cm)

★2010年累計

【チビバス】〜30cm  :347ひき
【小バス】30〜40cm  :166ぴき
【デカバス】40〜50cm :53ぴき
【ランカー】50〜60cm  :8ぴき
【モンスター】60〜    :---
------------------------------
TOTAL 556匹


JUGEMテーマ:バスフィッシング


| どろん | お戯れ釣行(12月)♪ | comments(15) | trackbacks(0) | pookmark |
冬のシャッドゲーム。。。
2010.12.16 Thursday 19:30
12月15日(水) 
10:00〜16:30
気温:7度(釣行開始時)
水温:9度
場所:小野市野池、加西市野池
天気:晴れときどき曇り
釣果:18匹(〜40mc:16匹、41cm、43cm)、ギル:1匹

いよいよ気温も10度を切って、本格的な冬の釣行に行こーと企てるものの、あまりにもの寒さに出発をためらう今日この頃、そーは言っても今年こそは冬の攻略をすると決めた以上、行かねばならない。
まさに修行、どM釣行だ。。。

本日のメニューはいたってシンプル。
小型サスペンドシャッドによる食わせとリアクションの両立。
レンジを下げているよーなら、フットボールジグのリアクションによるボトム狙い。
そして、冬でも元気なシャローカバーにいてるデカバス君をラバージグで狙う。
ジグとシャッドの2本立てだ。

本日は午前中お師匠さまが小野市の野池を攻められているということで、まずはその様子を見に行くことに。

最初に攻めた場所は、【カバー奥限定】池だ。


はじめて来るところだが、ハイシーズンでもボートやフローターを駆使し、カバーの最奥を攻めないとなかなか釣れないという難攻不落の野池だ。
しかも山間に位置し、ただでさえ水温が低いのに、さらに水温低下している。
はっきり言って冬には全く不向きな野池だ。笑
しかも、爆風でキャストもままならない。

そして前日の雨の影響か、ターンオーバーしたかのよーに濁っている。
まずは地形把握をしないと攻めよーがないので、フットボールによる水深掌握とボトムの変化を探ることに。
『ショアラインのボトムはカバーだらけやで』とお師匠さまから伺うが、自分で確かめるのも大事と10箇所ぐらいフットボール爆弾投下。
見事に最深部以外はレイダウンやオダだらけだ。
最深部に隣接するオダ横かオーバーハングのカバーにバスはついていそーなもんだが、オーバーハングは堰堤以外ほぼ全てで、バスは散らばっていそーで狙いにくい。

そこで、ボトムをフットボールのリフト&フォールによって攻めるが、根がかりオンパレードだ。。。(*-ェ-)
仕方ないので、ロングビルミノー【ステイシー90】で攻めるもこれもロスト。
日頃ルアーのロストはほとんどしないが、今日はフットボール3機、ミノー2機すでにロスト(*-ェ-)

気分がのらないので、さらに奥の【カバー奥の奥池】に。

山道を歩いて登らないとたどり着けないこの池も、プレッシャーは低いが当然冬には不向きな野池だ。笑
おかっぱりではカバーに届かず、堰堤切れ目のブレイクのみしか攻めれない。
サスペンドミノー【スレッジ6】で浮き気味のバスを狙うが、そんなに甘くはない。
思えば先週から一週間で水温は3度も下げ、10度を切っているのだ。

近くで風も防げ、水深もそんなに深くない野池を選択するため即移動。
【小野ヘラ師地獄池】だ。


さすがのヘラ爺さん達も、この寒さなんで活性は低く誰も来ていない。笑
堰堤のストレッチをサスペンドミノー【スレッジ6】で攻め、ボトムの変化をフットボールで攻める。
しかし、稚ギルさえ見えない。
ハッキリ言って生命観ゼロだ。
ボトムを探るとヘラや鯉のヒレにあたるものだが、今日は全く魚信がない。
しかもここに来て強風が爆風に変わる(*-ェ-)

指先の感覚もしだいに無くなってきて、キャストもままならない。

う〜ん。。。これが冬の釣りか。
改めて真冬の攻めの厳しさを実感する。
これだけスローな状態だと、より丁寧な攻めが要求されるが、暴風と寒さで雑にしか攻めれていない。
一旦ロッドを置き、お師匠さまとしばし雑談。
冬のバスのポジション、居場所。。。それに食性について色々と伺う。
要は地形を把握して、バスを絞り込みんではじめて釣りが成り立つらしい。
これをしない限り、下手な鉄砲の数打ちで釣れる時期ではないらしい。
しかも野池の選択も大きいという。

そしてバスの居場所を絞り込んでも、なかなか食わない。
ワームをくわえても、フックまでは食わない、そんなシビアさを教えてもらう。

お師匠さまは仕事に向かわれ、いよいよ本格釣行開始。
まず向かったのは加西市【ゲコゲコ池】。

夏場はヒシ藻に覆われ、プレッシャーも低いはずだ。
しかも、木々で覆われ、見事に冬の大敵『風』をシャットアウトしている。

ここでは、当初のもくろみどーり、ディープに隣接しているブレイク中心に、サスペンドシャッド【スーパースレッジ】で探る。
お約束のトゥイッチ+ポーズ後に
『コンッ!』というアタリ。


元気のいいおちびちゃんだ。

同じラインをもう一度。
そして『コンッ!』っと。



さらに『コンッ!』っとあたるものの、ばれてしまう。
思ったよーにバスは固まっている。
さらに数匹追加するも、だんだん反応が悪くなってきた。

スレさせないために、ルアーチェンジ。
レンジを変えずにカラー変えるため、【ジレンマ60】で攻める。


枯れ残ったウィードを切るよーにトレースしていく。
すると、
『ゴンッ!』


元気のいい40up君でした。

本日のもう一つのメイン。
シャローカバーへ依存しているバスを狙うために、ラバージグで水深のあるカバーを攻め
る。

自作3/8ozラバージグ+ロッククロー3インチ。

フォール後の大きくリフトした直後、『ゴゴンッ!』っと冬とは思えないいいアタリ。

ファイトもハイシーズン並みの力強さで上がってきたのは、黒々とした40upのブッシュハンター君。



魚体は真っ黒だが、口の中は真っ赤の40up冬バス君だ。


寒さを忘れる一発で、気分を良くし、少しブレイクタイム。
この池のバスの居場所と食わせ方は分かった。
まだ攻めるともう少しは絞り出せそーな感じだ。

しかし、時間的にも次の場所もサーチしてみたいな。。。という欲望がフツフツと沸いてきて移動を決断。

次に向かったのは【丘の上2段池】だ。
最初に最深部を探るために、フットボールでサーチする。
おおよその水深と地形を把握する。
さっきの野池と同じよーに、最深部からシャローにつながるブレイクにサスペンドしているバスをシャッドで狙う。
1.5m〜2.0mラインの1.5m前後を狙う。

まずは、【ジレンマ60】で攻めると、すぐに反応が。。。



サイズは小さいが、底ベタの真っ白バスではなく、サスペンドして好きあらばフィーディングを考えている狙ったとりのバスちゃんだ。

さくさくっと、同じポイントを攻める。


さらに



やはり、ここもバスちゃんは固まっているよーだ。
さらにシャッドではめずらしい珍客も。。。

ヒレピン冬ギル君だ。笑

ほかにも似たよーなサイズが連発するも、サイズアップが計れない。

サスペンドシャッドはレンジとアクションの好みがシビアだ。
小バスとはいえ連ちゃんってことはレンジはさほど狂っていない。
レンジそのままでルアーの動きかポイントを変えないとより大きいのを狙えない。
ポイントそのままで動きを変えることに。

ここでシャッド最終兵器【ハイカット】投入。

ジレンマやスーパースレッジは素晴しいダートのキレを見せバスは反応しやすいが、なんせあまりにも早い動きについてこれないときがある。
ショートピッチで移動を抑えた動きを独特のハイピッチとトリックダートで誘う。

絶妙で微妙な動きはこの【ハイカット】の独壇場だ。

ちょんちょん、ちょんちょん、ぽ〜ず。。。【ドンッ!】
お約束のヒット!

40upかと思いきや、サンキュー君でした。



がっつり丸飲みは、レンジとアクションがあっている証拠だ。
さらに【ハイカット】で数匹釣り上げるが、30cmサイズばかりだ。

でかいやつはやはりシャローのカバーに潜んでると考えるのが妥当だ。
ただ、この寒波でカバーをネチネチジグ打ちする気力もない。。。

夕暮れのフィーディング狙いで、ジャークベイト・バイブレーションででかいやつ狙いのため移動も考えたが、あまりにもの寒さで撤退することに。。。(*vv)ゞ

片づけを終え、車に乗り込み外気温計を見ると。。。


3度って。。。ぉぃぉぃ
寒いにもほどがあるわい!って感じです。

本日はプチ真冬の釣り体験をしてきました。
一週間前の水温から一気に下げて10度を切り、【追って食ってくる】状況が完全になくなりました。
バスは固まっており、そのスポットを見つけると、シャッドやノーシンカーやダウンショットなんぞで釣れると思いますが、ボトムについてないぶん、多少攻めにくい状況でした。
サスペンドしているヤツには同じレンジで止めれる小型サスペンドシャッドの独壇場になりますが、今回もまさにそういったケースだったと思います。

ただ防寒していても、突き刺さるような寒波は、否応無しにやる気とテンションを奪っていきました。
お師匠さまに、これからの時期にもバサーはいてるんですか?と尋ねると、『好きなやつしか来ない』っておっしゃられてましたが、よぉ〜っく、分かりました。
まさに好きでないとやってられませんねぇ。
今回は数釣りをしましたんで、飽きることなくできましたが、これで小バスが釣れなくなると結構しんどいかも。。。ですね。

それにしてもサムスギル。。。
これからの時期釣りに行けるかなぁ。。。


★今日の一言 『シャッドの季節到来ですね。

★本日の釣果:18匹(〜40mc:16匹、41cm、43cm)、ギル:1匹

★2010年累計

【チビバス】〜30cm  :343ひき
【小バス】30〜40cm  :166ぴき
【デカバス】40〜50cm :52ぴき
【ランカー】50〜60cm  :8ぴき
【モンスター】60〜    :---
------------------------------
TOTAL 551匹


JUGEMテーマ:バスフィッシング




| どろん | お戯れ釣行(12月)♪ | comments(12) | trackbacks(0) | pookmark |
ワンチャンス。。。
2010.12.08 Wednesday 19:58
 
12月8日(水) 
16:00〜17:30
気温:14度(釣行開始時)
水温:13度
場所:加東市野池
天気:晴れ
釣果:3匹(32mc、49cm、52cm)

今日は早朝からソルトフィッシングに誘われ、遠出しました。
昼には釣行を終え、このまま帰宅するのももったいないと思い、夕マズメの一時を攻めてきました。

今年の50upは8本と、目標の10本にあと2本。
年内にあと2本はちと厳しいかと思いながらも、ディープのバスが固まってるところに食わせ投入しても小バスのオンパレードになりそうだったんで、デカバス限定で狙ってみました。
時間も日が暮れるまでの1時間強。

そのためデカバスの実績が高いところ一カ所に場所を定める。
行き先は加東市野池【夕暮れ野池】だ。
本日は短時間釣行のため、デカバス狙いにシンプルなセッティングだ。

まずは、対デカバスの絶対的信頼を寄せるハマミノー106SP。


フローティングではレンジが合わないのと、スローに攻めるため、サスペンドタイプ(といっても、スロフローティング設定)投入。

そして、ボトムでのリアクションによるデカバス狙いは、もちろんリアクションフットボール。勝利の方程式です。

3インチグラブなどでフォールスピード上げリアクション効果を高めるのも一つだが、ウェイトを3/4ozまで上げ、高浮力のジャスターホッグの4.3インチをセット。
リアクションと存在感アピールの両方を狙う。

デカバス狙いのため、この2種類で攻める。

あっ、一応抑えでフィネスなジグヘッドを念のため。笑
小心者なもんで。。。(*vv)ゞ

シャッドシェイプ4インチ+1.8gジグヘッドのミドスト仕様だ。

まずは堰堤落ち込みの回遊パターンがないかのサーチのために、
ハマミノーで中層を限りなく弱いトゥイッチ。

「ちょんちょん、ちょちょん」
とラインスラッグのみ動かし、ポーズ。

すると、「ゴンッ!」
と予想を上回り、ラインを持っていくアタリだ。
思った以上にやる気はありそーだ。

まずは早々に30cmクラスをげっとん。


サスペンドタイプは止めてる時の「ガツンッ!」が快感ですねぇ。
堰堤のストレッチを流し、もう一回アタリがあるがバレてしまう。。。
サイズもあまりよくないよーだ。

しかし、浜ミノーでアタリが取れることからも、どーやらミドストによるフィネスな釣りは必要ないみたいだ。


いよいよ、この池の角。
本日のメインステージに到着。

時刻も計ったよーに、ワンチャンスのプライムタイムだ。
このワンチャンスのためにココに来たよーなもんだ。



まずはハマミノーを弱トゥイッチ&ポーズを繰り返す。
あれ?。。。反応がない。

ストップ&ゴーに切り替えリアクション気味に動かしてみる。
ミノーは本当に日によってバスが好む動かし方が違うので、色んなアクションを試さないといけない。
色々試すが、反応がない。。。

前回同様、フィーディングは全くないか。。。
今日は気温も15度前後、風も穏やかで水温も安定しているはず。
『夕方のワンチャンスにジャークベイトでボッコボコ♪』を夢見ていたが、現実はそんなに甘くはないみたいだ。
ってか、冷静に考えれば12月ですもんね。笑

ここでリアクションフットボール(3/4oz)に切り替える。
着底後表層近くまで2段シャクリ&フリーフォールを繰り返す。

するとしゃくり上げた後のフォールで
「ゴゴゴンッ!」と手に取るよーな明確なアタリ。

このフットボールは通常のものとは違いガードがついてある。
そのためフォール中の食いなら、鬼合わせをしてフッキングしなければならない。

ラインスラッグを取り、渾身のフッキング。
「ガンッ!」
とこれまた上あごを貫く感触。

そして12月とは思えないような強烈なヒキで絞り込まれる。。。
一瞬、「雷魚?ナマズか?」
と脳裏をよぎる。

前回もこの場所でロクマルのナマ爺さんを釣り上げてるだけに、魚体を確かめるまで不安で仕方がない。

一瞬のジャンプでバスと確信!
しかもゴンザレスでございます( ̄ー ̄)v

ラインはソルト帰り、PE2号+フロロリーダー20lbの太刀魚仕様だ。笑
しかもフッキングは完璧に決まっている。
一切問題はない。

焦らず無事ランディング。

どど〜ん。


52cmのナイスフィッシュ君でした。
この池のバスは推定+5cmぐらいひきが強い。




前回同様、今回も50後半だと思いましたが、思ったよりサイズは大きくありませんでした。

今日のミッション終了と思い一服してると、沖合でライズが起こったので、ハマミノーを投げて連続トゥイッチしてると、

「ドン!」

勝手にもう一匹釣れました。。。(*vv)ゞ


祝ゴンザレス10本目!

と思ったら1cm足らず。
ヨンキュー君でした。。。ヒィィ


まー、これは狙って釣ったんじゃないんでオマケみたいなもんです。


今日は珍しく短時間釣行でした。
日頃から、あらゆるルアーを試しながらサーチして居場所を絞り込んで、食わせ主体で攻める釣りをしている関係で、どーも一発勝負は味気ない感じがする。
平たく言えば、釣っても感動が少ないよーな感じだ。
たぶん、達成感の問題なんでしょうね。。。

とはいえ、ボーズ覚悟で挑んだ勝負だけに嬉しいのも事実である(どないやねんっ(*-ェ-)
バスもだいぶスローになってきて、ジャークも限りなく弱めのほーが今日は良かったです。
おそらくバイブなんかで攻めれば、よほど目の前にルアーが通らないと食わないと思います。
いよいよ止めて詰め寄らせる「間」が作れる、サスペンドシャッドのシーズン突入って感じです。
しかし、今年の釣行は行けてあと2回ぐらい。。。
50up10本を目指して、今年一年やってきたが、どーやらギリギリアウトって感じですね〜。笑


★今日の一言 『スロースターターなんで、短時間釣行はあまり向いてないと思う今日この頃。。。

★本日の釣果:釣果:3匹(32mc、49cm、52cm)

★2010年累計

【チビバス】〜30cm  :333ひき
【小バス】30〜40cm  :161ぴき
【デカバス】40〜50cm :51ぴき
【ランカー】50〜60cm  :9ぴき
【モンスター】60〜    :---
------------------------------
TOTAL 554匹

JUGEMテーマ:バスフィッシング
| どろん | お戯れ釣行(12月)♪ | comments(12) | trackbacks(0) | pookmark |
ついに12月突入。。。
2010.12.03 Friday 13:54
12月1日(水) 
11:00〜17:00
気温:17度(釣行開始時)
水温:15度
場所:加西市野池、篠山市野池
天気:晴れ
同行者:ごんざりあ〜の氏
釣果:4匹(〜30mc:4匹)

とうとう待ちに待った(?)12月に突入。。。
バス釣り復活して4年。12月〜3月までは、寒いので釣りをしてこなかった。
今年は丸一年攻めると当初の目標に掲げ、この厳冬期も挑むつもりだ。
その冬攻め第1弾。

【caution!!】
結論から先言うときますが、今日は完全にホゲました。。。
釣れない釣行記なんで、最後にドラマも何にもないですよ(*vv)

釣果重視の方は本編お飛ばしくださいませ。笑

今日は珍しく相方ごんざりあ〜の氏が朝から空いており、
「ビッグベイトで50up釣れる所連れていけぇ〜」メールが入る。
ガイドに徹しよーとルアーはバイブと鉄板メインしか持っていかずに、
まずはデカバスの可能性が高い加西市野池郡に行くことに。。。

お師匠さまにメールしてみると、同じく加西を攻めているということ様子を伺いに合流することに。

以前も一度来たことがあるが、釣れなかった。
朝からお師匠さまにたたかれてるんで、釣れるわけないと思って適当に遊ぶ。
表層しか狙ってないみたいなので、ボトム近辺をチェックするためにバイブ&鉄板で攻める。
フラッピソニック1/4oz

ピラーニャ70

まったくアタリなし。
それにしても、今日は余裕がある。
12月とは言え、気温17度、水温15度だ。
しかもここ2日ほど高い気温で安定している。

どー考えても釣れないわけがない。。。

上の池に移動。


鉄板を投入した2投目。
いきなりフォール中のバイト。

サイズはそれほどでかくないが、まぁこんなもんだろう。。。
とランディングしよーとするとバレル(*-ェ-)

まー、今日の状況を考えると、焦りは全然ない。
ただ唯一気になる点は恐ろしいぐらい風がまったくないぐらいか。。。

あとは釣りもそこそこ、のんびりおしゃべりタイム。

お昼においしい蕎麦を食べたいということで篠山市に移動。
【最後の野池】だ。


久しぶりに来たが、12月とは思えない青々とした木々が生い茂っている。
シャローに子バスの群れが見えている。。。
う〜ん。。。どー考えても12月って感じじゃないなぁ。

参考程度に水温を計ると、なんと12度!
間違いかと思い何度か計るが12度だ。。。

ここは渓流の水が注ぎ込む、年中水温の低いところだが、加西と比べて3度の変化は大きい。
冬の居場所っぽいところに鉄板のリフト&フォールで攻める。
着底後「コンッ!」と弱々しいアタリ。
あわせるものの、のらず。

同じところを執拗に攻めるが、その後はまったく反応なし。
「おかしいなぁ。。。」
先週までのよーに、枯れウィードやボトムの変化にバスが固まってる感じでもない。

篠山鉄板池、これまた久しぶりの【ヘラ師地獄池】に行くことに。
現地に着くと、今までみたことがないぐらいの減水をしている。

真昼間の時間帯。
フィーディングスポットにはまだいてないとの判断をし、
シャローフラットを全部捨て、比較的水深のあるところを鉄板で攻める。
シャローフラット隣接のウィードが生えてる深場。
ここしかバスは固まらん。。。との確信でノーシンカー(シャッドシェイプ4インチ)を投入。
ボトム着底前にラインが引っ張られる。
夏みたいな釣りやなぁ。。。と言いながら上がってきたのは30cmのやせバス君でした。
撮影前に逃げていかれました。。。

その場所に今度は最近ブームの鉄板投入。
着水してボトムに着くまでに「コンッ」とあたる。


暖かいせいか、バスは動いている。
子バスの活性も高そーだ。

子バス連ちゃん確定と思い、ひたすら打ちまくるが今ひとつ反応がない。。。
よーやく確信したが、バスは固まっていない。
水温上昇を機に多少レンジを上げ散らばっている。
動き回ってるという感じでもないが、今日のアタリは全てボトムに着く前だ。

鉄板より明らかにシャッドのほーが効くシチュエーションだが、鉄板の練習をせねばならない。
ボトムに付けずにリフト&フォールをやってると。。。

スリムな体型の子バスちゃん。
よー見ると、やけに尻尾がでかいアンバランスなヤツ。笑

バイブやクランクで広範囲に一気に探りたいところだが、この池名物ヘラ師のおじちゃまが等間隔で陣取っている。
夏ならシャロー側で成立するんだが、この時期深場を陣取られてはルアーが投げれない。。。

邪魔する訳にも行かず、移動。

これまた久しぶりの【スピナベ爆釣池】だ。

来てみて、ロストラインの多さに愕然とする。
しかもPEラインが何故か多い(*-ェ-)

木の枝なら分かるが、真上に近い電線にどーやったらひっかけれるのか、逆に聞きたいぐらいだ。笑
しかも高切れしたのか、自分で切ったのか分からないが、ラインが水面まで垂れ下がっている。。。
とりあえず、同じPEを使ってる身としてはとらないわけにはいかないので、格闘の末、いくつか取りました。
この池では疲れたので、釣りはやめ。

最後にドラマを信じ、実績が高い加西市【夕暮れ野池】に移動。
日が暮れるまで30分勝負だ。

いいポイントは相方に譲り、フィーディングにさしはじめているやつを、ブレイクのショルダーで獲ることに。
本当はフラットサイドクランクやジャークベイトを投げたいところだが、もちろんルアーは鉄板で。笑

ブレイクをアップヒルさせていると、「コココンッ」っと。
かわいそうにひっかけてしまいました。。。

推定10cm。。。

んでっ、本日は終了!


本日は完全にホゲました。。。(*vv)ゞ 
負け惜しみじゃないですが、いや負け惜しみ半分ですが、
気候も穏やかで最高に気持ちの良い陽気のなか、久しぶりにまったり釣りができました。
何回も言いますが、負け惜しみじゃないですけど、こーいう日はルアーを投げてるだけで楽しいもんですね。
負け惜しみですが。。。(どないやねん(*-ェ-)

反省としては、なんぼ暖かい日だとは言え、もう少しスローに繊細に攻めるべきでした。
それと、前回までのバスのポジションにとらわれ過ぎて、ボトム近辺を狙ってしまったのが敗因だと思います。
シャロー攻めを通したほーが結果は良かったと思います。

まー、子バスちゃんと戯れるのが今年のテーマなんで、これはこれでイトヲカシ。


★今日の一言 『鉄板ではサイズ選べませんねぇ。。。

★本日の釣果:4匹(〜30mc:4匹)

★2010年累計

【チビバス】〜30cm  :333ひき
【小バス】30〜40cm  :160ぴき
【デカバス】40〜50cm :50ぴき
【ランカー】50〜60cm  :8ぴき
【モンスター】60〜    :---
------------------------------
TOTAL 551匹


JUGEMテーマ:バスフィッシング
| どろん | お戯れ釣行(12月)♪ | comments(14) | trackbacks(0) | pookmark |

ぷろふぃ〜る♪


かてごり〜♪


月別あ〜かいぶ♪


最近の記事♪


最近のこめんと♪


Recent Trackback


お気に入り♪


管理者ぺ〜じ♪


けんさく♪


釣果〜♪

■ 2010年 557匹
うち50up5匹、40up53匹

■ 2011年 528匹
うち50up11匹、40up80匹

■ 2012年 507匹
うち50up15匹、40up74匹

■ 2013年 382匹
うち50up26匹、40up91匹、60up1匹

■ 2014年 466匹
うち50up15匹、40up66匹

かれんだ〜

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
とけい




てんき


めっせ〜じ

下記ボタンよりメッセージやご感想いただけたら幸いです♪

人気記事〜


みんなのブログポータル JUGEM