初釣り、初バス。。。
2016.01.02 Saturday 21:54
1月2日(土) 気温:8度   天気:曇り   釣果:1匹




明けましておめでとうございます。
昨年はみなさんに色々お世話になりましたm(__)m

今年はどんな釣りがしたいかって言うと、ずばり脱力系です(*vv)
力を抜いて、殺気を祓ってぼけぇっと釣るってことに加え、釣れる釣りより、釣りたい釣りをするってことです。

まー、深く考えずにやりたいことを、やりたいよーにするってことですね。笑

で、早速釣り納めブッチしたばんちゃんと、初釣りに行ってきました。
気候も1月とは思えないぐらいの陽気で、終始気持ちの良い時間を過ごせました。

とはいえ、やはり厳寒期。季節は真冬なんでそー簡単ではなさそーでした。

そんな中、なんとか初バス君ゲットです。

本日使用したルアーは以下のよーに、僕の使いたいものだけでの勝負でした☆

バイブ【TN50】

シャッド【スーパースレッジ】

ジャークベイト【X-80 +1】

フットボール【5gオリジナル】

ヘビダン【7g+HPシャッドテール】


あー
あと真冬あるあるです。笑



そんなこんなで本年もどーぞよろしくお願いしますm(__)m











JUGEMテーマ:バスフィッシング

| どろん | お戯れ釣行(1月)♪ | comments(16) | trackbacks(0) | pookmark |
ボトムトゥイッチ。。。
2014.01.27 Monday 01:13
1月26日(日)  

時間:14:00-16:00
気温:3度 水温:5度
天気:晴れ
場所:東播野池
釣果:〜40cm:1本、40up1本(43cm)
同行者:ますたぁ、甚兵衛さん


いあー
寒ーございますねぇ。

少し釣りに行ってきましたので報告です。
っていうか、本来は釣りに行くのではなく、久しぶりに甚兵衛さんが東北から戻ってきたということを聞いてますたぁの店に駆けつけました。

昨年からずぅっとお願いしていた、細軸#10ティンセル付きフックができあがった持ってきてくれたんです。

早速手持ちのシャッドで装着してあれやこれや話してると、そこは釣り好きの集まり。
当然、『じゃ、今から行こか♪』ってなりますよね。。。(*-ェ-)

別にいいんですが、今日は日が悪い。。。
寒すぎじゃないですか?
雪もちらついてますよ。

てか、ますたぁこの時間から店閉めて大丈夫?笑

そんなこと脳裏によぎりながら、近場のパラ3へ。
前日ばんちゃんが攻めて、この池にはバスがいなくなったとのこと。

もちろんタックルなんてほとんど持ってきてないので、手持ちのシャッド【ジレンマ スティープ】で勝負です。


取水管が延びているその先の最深部がターゲットポイントです。
その先3mぐらいまで遠投して潜らせていきます。

するとちょうど狙ったポイント近辺でボトムにタッチします。
今日はフローティング仕様なんで、5秒ポーズで10cmぐらい浮かせてからのトゥイッチ。

またボトムに突き刺さると、ポーズ。
浮いたところでトゥイッチ。
これをほとんど距離をつけずに行います。

するとボトムに当たって浮かせた瞬間にラインがピンッっと弾かれます。
フローティング中のバイトは全くロッドには感じません。

ゆぅ〜っくりスイープに合わせます。
当然真冬のバス君はそんなに引きません。

。。。で、こんなやつ。

43君ですねぇ。
ちなみに、前日に足の固定サポーターを取ったものの、まだほぼ片足でしか歩けません。。。

そのためランディングはかなりてこずりました(*vv)

前日にばんちゃんに絶対ここにおるとメールしたその場所でのヒットです。
ばんちゃんに見逃してもらっても、僕は見逃しません。笑

同じ場所で、もう一匹きましたが、自分ではランディングできそーになかったので、ますたぁを呼び寄せてる間にバレちゃいました。。。

サニーサイドに場所を変えて、ルアーも【ベビシャMK DD】で狙います。

同じ攻めで子バスちゃんです。

手がかじかんで限界なんで終了です。
今日は数年ぶりに甚兵衛さんと釣りができてよかよかでした。


************************************************


いよいよ最低水温期に突入しましたねぇ。

今日は短時間で3バイト2フィッシュでしたが、おそらくこれ以上粘っても釣果は延びないと思いました。
というのも、比較的大きな池なんで、全てのポイントをおかっぱでは攻めれないというのと、シャッドが届く範囲で、ポイントと思われる場所は2ヶ所。

その2ヶ所で2時間粘ってこれ以上獲れそうになかったので、僕のスキルでは限界なんです。

しかし、いつも言うてますが、冬はイレギュラーな場所でのイレギュラーフィッシュがいないんで、狙いを絞りこめさえすれば、最低水温でも雪が降っていてもなんとかボーズは回避できそーです。

今日はボトムべたべたなのは読めてましたんで、ボトムトゥイッチ+ポーズで攻めました。
ボトム狙いでは、たいていの野池はボトムに何もないので、リップラップや沈みもの見つけれたら確率は急激に上がりますね。
前回、今回ともリップラップに実は助けられてます。

岩の間にリップを突っ込み、そこで誘う釣りなんで、どーしてもリアフックにかかります。
バス君は本来ルアーの前に回り込みながら食べてくるんですが、リップがボトムに突き刺さってるんで、リアから吸い込みます。


ご存じのよーに、冬バス君はハイシーズンの1/10ぐらいの吸い込み力しかありません。
そのため、重ためのジグやフックが真ん中にあるネコ系はせっかくバイトがあってもなかなか乗りません。

そーいう意味でも軽い力でフックが口の中に入ってくれるシャッドは理にかなってますねん。

あと2,3週間の最低水温期を超えれば、動けるバス君が水温に比例するかのよーに増えてくるんで、このどSの釣りができるのもあと1ヶ月ですねん。

その間にボートでも浮かべてじっくり一日冬のバスをディープで狙いたいもんです。。。

ますたぁ、甚兵衛さんありがとでっす♪



★2014年度 
【子バス】 〜40cm:1匹 
【デカバス】 40cm〜50cm:5匹 
【ランカー】 50cm〜60cm:0匹 
【モンスター】 60cm〜:0匹  
-------------------------------------------
2014年度 累計:6匹


JUGEMテーマ:バスフィッシング
| どろん | お戯れ釣行(1月)♪ | comments(14) | trackbacks(0) | pookmark |
2014年始動。。。
2014.01.06 Monday 04:54
1月5日(日)  

時間:12:00-16:00
気温:-1度 水温:7度
天気:曇り
場所:東播野池
釣果:40up4本(41cm、42cm、45cm、47cm)
同行者:フォレさん、テトラさん


2014年度始動第一弾です。
明日から仕事なんで、正月中に初釣り行っとかな。。。
ってことで徹夜明けからの出撃かましました。

出発時の気温は-3度(*-ェ-)
朝のニュースでは、この冬一番の冷え込みだそーです(。・・)

とりあえず、出発しましたが、あまりの寒さで、マスター氏の店でモーニング食いながらいきなりの休憩タイム。笑

日も昇ったらポカポカしてくるやろーっと思ったんですが、池に到着しても-1度でし。


この段階で帰ろーと思いましたが、フォレさんが合流するってことなんで少し釣りをします。

ところがここでアクシデントが。
日頃満水っぽい池が減水してたんで、喜び勇んで、堰堤駆け下りたら、なぜか一升瓶が転がってあって知らずに踏んでズッコロゲて、靱帯をどーやら切ってしまったみたいです。

あまりの激痛で、その場で10分ぐらい動けませんでした。。。

めまい、熱、激痛で釣りどころじゃなくなり、とりあえず一投もせず痛みが引くまで仮眠です。笑

昼過ぎにフォレさんとテトラさんがやってくるので、起きだして別の野池にいどー。
この時点で足首が倍以上の大きさに腫れ上がってます。。。(><)

このまま病院行ったら、即ギブスやろーなぁ。。。
と考えながらも片足で釣りする釣りバカです(*vv)

とりあえず、お二人がくるまでシャッドでサーチしておきます。

ワスプ55


厳冬期お約束はノースショアですが、シャローの風表から攻めます。
シャッドでスローに巻いて、ボトムにあたるとポーズでゆぅっくり浮かせます。

そして、ちょんちょんと弱いトゥイッチ。
だいたいはこの食わせのきっかけで食ってくるんですが、ポーズさせた瞬間に『どーんっ』っともんどり打って持っていきよりました。

かなりやる気のあった個体みたいで、ハイシーズン並みに引きよります。
僕の言う『起きてるバス君』ですねん。

祝2014年初バス君です。


40ちょいですが、ぶりぶりにエサ食うてます。
シャローでのヒットとこの魚体の色から、完全にフィーディングバスですねん。

その後は反応なし。
まー、真冬にそーそーシャローでの連チャンはないですね。。。

次に風裏の越冬ポイントの『寝ているバス君』狙いに変更します。

やや沖寄りのブレイクライン近辺からサーチしていくと、所々にリップラップが沈んでます。
さらにその沖を執拗に狙うと、ポーズの浮上中に今度は『こんっ』っと弱い吸い込みバイトが。。。

真っ白な40up君でした。
その後さらに地形把握をして、完全に居場所絞り込んだんで、ジグ投入です。

ジグ(3.5g+フラッピンホッグJr)

テトラさん、フォレさんがそのタイミングでやってきはりました。

ちょうどリップラップが形成しているセカンドブレイクの沖側を丁寧に探ります。
沖目に投げてずりずりとリップラップにあたるまでずる引いてきて、そのストラクチャーに当たると永遠シェイクです。

ラインだけはたき、ラバーのみ動かす感覚です。
しばらくシェイクして、そのまま放置後、『コンッ』っとこれまた弱々しいバイトが。。。

しばらくシェイクで送り込ませながらの、2014年初の片足鬼フッキングです。笑


45ちゃんでした。
サイズ云々よりも、自分の引いたレール通り釣れてくれたんで、これは嬉しいです。

同じパターンで同じよーな場所を狙っていきます。
すると、今度はリップラップを超えた瞬間のハングオフでのバイトすら感じないもぞもぞっとした違和感が。。。

しばらくシェイクしながら聞いてみると、どーやらはむはむと食べてるみたいです。
またもや鬼フッキングかましたんですが、その場で踏ん張りよる個体です。

どー考えても片足の自分ではランディングできない大きさだったんで、テトラさんにランディングのヘルプお願いしました。笑


太ってたので、50あるかなぁ。。。って思ってたら47ちゃんでした(*-ェ-)


まー
とりあえず、2014年初陣はこんな感じでし。



************************************************************

およそ2ヶ月ぶりとなるバス釣りでしたが、当たり前ですが状況は完全に変わってました。
水の中は完全に真冬ですねん。

ただ、まだ水温7度と最低水温までは落ちきってないので、むずいのはむずいですが、食わせの釣りが展開できたので助かりました。

あと1,2度水温が落ちたら食わせにかかっても、なかなか食わないので今からが勝負ですねん。

食い気のあるシャローの個体は、やはりバイト、引きも強烈で体色も黒々としたいい個体でした。
こやつらは、一日のうち1回あるかどーかのタイミングでフィーディングします。
真冬には、そーいうやつらに絞って狙ったほーが、基本食わせやすく、サイズもでかいですがタイミングが非常に重要です。

安定して釣れるのは、半分仮死状態になっているディープでじっとしている寝ているバス君です。
こやつらはサイズ選べませんが、リアクション誘因で口を使います。

ただリアクションと言っても、経験上、鉄板やバイブ、それにクランクなどはほとんど効きません。

真冬の野池の水中は、あらゆる生命体が生命維持のための最低限の行動しかしてないので、静寂極まりないんです。
だから静まりかえった水の中で、10秒ぐらいポーズしていたシャッドがちょんっと数センチ動くことがすでにリアクションになるんです。

そのことが分かってから、真冬の野池でホゲることはほとんどなくなりました。

幸い真冬はバスが条件のいいところ=水温変化のないところに固まってくれてますんで、その場所を把握してシャッドやダウンショット、それにジグで限りなく弱いリアクションをさせるのです。

僕の中では、シャッドが最も弱いリアクションベイトという位置づけなんで、今からの時期は多用します。

そんな感じで今から3月中旬ぐらいまでは野池が貸し切り状態になるんで、ぼちぼち戯れやす(*vv)

テトラさん、フォレさん今日は片足歩行で歩くの遅くてすんませんでした。笑
また、行きましょ♪




★2014年度 
【子バス】 〜40cm:0匹 
【デカバス】 40cm〜50cm:4匹 
【ランカー】 50cm〜60cm:0匹 
【モンスター】 60cm〜:0匹  
-------------------------------------------
2014年度 累計:4匹


JUGEMテーマ:バスフィッシング
| どろん | お戯れ釣行(1月)♪ | comments(19) | trackbacks(0) | pookmark |
事始め。。。
2013.01.14 Monday 16:58
1月13日(日) 

時間:7:00-16:00
気温:8度 水温:5度
天気:晴れのち曇り
場所:東播野池、川
釣果:0匹
同行者:テトラさん、もっちー君、ケンさん、トーマスちゃん、錯乱坊主

年明けから初釣り含め、川や野池に行って参りました。

結論から申しますと、ノーフィッシュの完全試合達成です。
そのため、特に書くよーなこともありません。笑

テトラさんとの初釣りでは、痛恨の大遅刻。
『ここしかない池』や『まむしの池』、『辱めの池』、『ダブルシャロー』その他初場所に行ってきました。



主にシャッドで狙いました。
【ダンク】

【クランキングワインドキラービル】

【TN50】
で、おたま一匹。笑

一番行きたかった池は先行者が結構いてたため、釣りができず。
なんとなくですが、食わせの釣りは全く効かない印象でした。

次にもっちー君、ケンさんと川に戯れに行ってきました。

午前中のみやりましたが、ヘラ師、鯉師含めなんせ釣り人が多い。。。
ほとんど釣り場がありませんでした。

【ライトラバージグ(1/16oz+フラッピンホッグJr)】で狙いましたが、ワンバイトのみです。

食いが浅い癖にバイトは明確で強烈なものでした。
その後近辺の野池探索に行きましたが、10ヶ所以上巡って全て水抜きされてました(*-ェ-)

最後帰り道に先日takeさんに教えてもらった『ウィードジャングル池』に行きましたがダメでした。。。

翌日大寒波で釣りに行く予定はなかったんですが、ますたぁの店に遊びに行くと、お仲間さんが新年会してました。
せっかくなんで釣りにでも。。。ということでトーマスちゃん、チェリーと行ってきました。

それにしても-4度という異常気温です(*-ェ-)

あたり一面霜が降りてます。

もちろん野池は全面凍結です。笑


凍結してない池でシャッド【ウルトラスレッジ】を流します。

ヘラ爺さん3発。笑



そしてお髭の爺さんも。。。

ティンセルを付けてるシャッドをロングポーズでシェイクして、ティンセルだけをちりちりと動かしてるとヘラ、鯉が食ってきます。

手が限界ですぐに終了〜。

結局、まともに釣りをしてません(*-ェ-)


************************************************

今回はタックルのセッティングがメインでしたが、それにしても厳しいですねぇ。
昨年末からの寒波で水温の下がりが早かったたえ、今年の冬は厳しいことが予想されます。

本来は1月初旬ぐらいまでは、水温8度ぐらいでまだ食ってくるはずなんですが、すでに限界水温4度まで落ちてますので何しても食わないって感じでし(・ω・)

こーなれば、バイブや鉄板でのリアクションでの無理矢理釣りしか通用しない感じですが、それはそれで釣りっていう感じより『引っかけ』に近い感じがしてあまり興味がありません。

まぁ、とは言え、水温の落ち込みが早いってことは、低水温に慣れる時期も早いと思いますので、今年は2月入ってからが意外といけるかも。。。と密かに期待しております。

皆さんお寒い中、ありがとーございました(*vv)



★今日の一言 『釣れないと分かってても行ってしまうんですよね。。。(*-ェ-)』

釣果:0匹

★2013年累計 
【子バス】          〜40cm:0匹 
【デカバス】 40cm〜50cm:0匹 
【ランカー】 50cm〜60cm:0匹 
【モンスター】     60cm〜:0匹  
-------------------------------------------
                  累計:0匹



JUGEMテーマ:バスフィッシング



| どろん | お戯れ釣行(1月)♪ | comments(32) | trackbacks(0) | pookmark |
極寒野池。。。
2011.01.28 Friday 18:37
 1月26日(水) 
12:00〜17:00
気温:5度(釣行開始時)
水温:6度
場所:加西市野池
天気:晴れ
釣果:2匹

世間では『大寒』という一年で一番寒さが厳しい時期にバス釣りに行くとどーなるか?
そのテーマに挑戦すべく、またもや行ってきました。
今回は相方と2人で加西市の野池を攻めてみることに。

今日は状況的にも厳しいのは分かっていたので、キャストの練習がてらの釣行やな。。。と釣る前から、釣れない布石を打ちまくる。笑

まず最初に向かったのは、【OBの池】。
現地について計測すると気温5度、水温6度、それに爆風です。。。


風が強いので、スースレなどの小型シャッドでは非常に投げにくいため、
【LIVE-X マーゲイ】でボトムをずるずるとスローリトリーブで攻めていくことに。
最深部2mあたりを攻めていると、ビニールがひっかかったよーなアタリが。。。

何の抵抗もなく手のひらサイズのおちびチャン。

激寒の中、普通に釣れたんで、子バスならいけるか。。。
などと思っていたのだが、それ以降はさっぱりアタリがない。

リアクションよりに鉄板のズル引きでサーチするも異常なし(*-ェ-)

もしかして浮いてる?

レンジを上げて攻めるために、【LIVE-X マーゲイ ステップキャット】でトゥイッチ攻めをしてみるものの、まったく反応がない。

それにしても今日も寒い。
だいたい1時間も釣りをすれば手が動かなくなる。

場所を移動。
加西市【三日月池】だ。

ボトムの起伏が分かり易いので、最深部および、水深のあるカバーに絞って攻めてみることに。
まずはカバーに対し、1/8ozラバージグをスキップさせていく。
微妙なアタリも見逃さないよーに、丁寧に丁寧に。。。

アタリもカスリもしません(*-ェ-)

半分開き直り、この時期に浮いて食ってくる体力のあるデカバスをシトメル!
ってことで、【ハマミノー106SP】で表層を攻める。
30分で断念。笑

ボトムを攻めると前回、今回の結果からボトム攻めではサイズは選べない。
ボトムに到達しない範囲で、さらにレンジを落として、【リップライザー90SP】で攻めることに。

2ジャーク、1ストップをひたすら繰り返す。

『やっぱ真冬のバスは無理やな。。。』といいながら、
ブレイクのショルダーにノックした瞬間、

『コッ。。。』っと申し訳なさそーなバイトが。
ラインスラッグをとり、スイープに合わせるとぐんぐんと生命感のあるヒキが。。。

上がってきたのは、中途半端なサイズでしたが、やっぱこの時期耐えて、耐えて、耐え忍んだ中での一匹は非常に嬉しいもんですね。

42cmの冬バス君でした。

さらにサイズアップをはかるため、夕方のワンチャンスを【夕暮れ池】にかけることに。


同じよーに、ボトムを【LIVE-X マーゲイ】、中層を【リップライザー90SP】で攻めることに。

マーゲイでボトムノックをした瞬間。。。
ビニール袋がひっかかるよーな感触が!

『この感触は。。。』

と思いスイープに合わせる。
結構重たいゾ!

ゆっくり慎重にランディングしたのは、ホンモノのビニールでした。笑


あまりにも寒さと、分かり易いオチで今日の釣りは終了。

車で手を温めていても、ノーフィッシュの相方は必死でキャストを繰り返してましたが、最終ワンバイトノーフィッシュでした。。。


今日は気温の低さに加え、風が強かったので非常に釣り辛かったです。
実はラバージグでもおそらくアタリ(自信はありませんが。。。)であろーものがありましたが、なんせ風の影響でバイトかどーかはわからないシーンが2,3度ありました。
また、そーいう状況で繊細に丁寧にやり続ける精神力が非常に大事なことも学びました。

また、それだけやっても冬はマグレで釣れないってことも、よぉ〜っく分かりました。
2人あわせて相当なキャスト数になって、バスの鼻先をルアーがかすめたこともあったと思いますが、ピッタリ合わないとバイトにはならないんでしょうね。

そんな中、それでも真冬のバス釣りは楽しー。。。って思ってしまうのはなぜでしょうね?
きっと、あれこれ考えて、狭いストライクゾーンを捉えて、そこに最適なボールを投げる難しさとオモシロサがあるんでしょうね。
決して、どMな性格なだけでは解決できないおもしろさが分かった一日でした。



★今日の一言 『これ以上状況が悪くなることもない時で、これだと思うと今後は気が楽ですね

★本日の釣果:2匹(〜40mc:1匹、42cm)

★2011年累計

【チビバス】〜30cm  :10ひき
【小バス】30〜40cm  :1ぴき
【デカバス】40〜50cm :1ぴき
【ランカー】50〜60cm  :0ぴき
【モンスター】60〜    :---
------------------------------
TOTAL 12匹


JUGEMテーマ:バスフィッシング
| どろん | お戯れ釣行(1月)♪ | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
真冬の数釣り。。。
2011.01.19 Wednesday 19:48

1月19日(水) 
11:00〜16:00
気温:3度(釣行開始時)
水温:6度
場所:加西市野池
天気:晴れ
釣果:10匹

2011年度初釣行となる本日、気合いを入れて朝から出発の予定が寝坊により遅めのスタートとなる。
今年もおそらくこんな釣行になるんでしょうね。。。

道中、厳冬期のバス釣りというのをしたことがないので、お師匠さまに有効なリグと攻め方をメールにて確認する。
最低水温期に入っているので、まずはシャローを捨てる。
そして、カバーやコンクリートにべったりで、そやつらをラバージグで攻略するのが可能性が高いとのこと。
ただ、ほとんどの池が氷ってて、釣りにならないらしい。。。(*-ェ-)

ていうか、今日はいわゆるラバージグを持ってきていない。。。笑
唯一ミドスト用のライトラバージグがあるぐらいか。。。

そーこーしているうちに、まずは最初の池に到着。


前情報どーり、氷ってて釣りにならない。笑

すぐに移動。
加西市【抜かずの池】だ。
昨年徹底して攻めるも、まだまだ苦手意識のある野池だ。



まずは情報が欲しい。
水温を測ると、表水温で6度、中層6度、ボトム5度だ。。。

早速ライトラバージグで水深とボトムの状況を把握し、なんらかのストラクチャーがあればそこをジグやダウンショットでねちねちといく作戦だ。


自作おかしらラバージグ1/8oz+スティールベイト3.5インチ

着水直後からカウントダウンで水深を測り、できるだけ水深のある水温変化が少ないエリアを絞り、そのあたりのボトムのストラクチャーを探す。
ただ石一つないのっぺりとしたボトムだ。。。(*-ェ-)

ラバージグでサーチすると時間がかかるので、ダウンショットでずりずりとスローにずる引くことに。


3.5スティールベイト+3.5g

10分ぐらいずる引くも、ノー感じだ。
自信のないリグを引き倒せるほど、気温は高くない。
突き刺すよーな寒さのなか、果たして合っているかどーかも分からない釣りは心が持たない。。。

それにしても今日も寒い。。。
風上に向かって顔を向けられないぐらいの、突き刺すよーな寒気だ。

すぐに止めて、この池を見切る。

昼にラーメン食ってしばし考える。
この水温ではシャローにフィーディングってのは考えられにくい。
かと言ってボトムべったりのやつらはなかなか口を使わない。
リアクションで食わすにも、おそらく体が動かないはずだ。。。

自分の持ち手を考えると、フィーディングモードには入っていないものの、多少捕食を意識したボトムから浮いているやつをシャッドで獲るというのしか考え付かない。
今日はどーせ何をしても突破口が見つからないので、得意のリグで心中する覚悟を決める。

そして向かったのは、【スポーン池】だ。
春しか実績がないらしいが、できるだけ小さめの池が良かったので、ここでもいい。
というか、氷ってない池を探したらここしかなかった。笑



他の池が氷ってて、ここは大丈夫というぐらいなので、それだけでなんらかの条件が良いはずだ。
しかし準備をしている最中に水面が急に「バシャバシャ」とざわつく。
水鳥が10羽以上舞い降りてきた(*-ェ-)

水深が浅いこの池に突然水面がざわつくと、さすがの冬バス君もかなり警戒すると思う。
これじゃ釣りにならん。。。ってことで隣の池に移動。。。

【スポーン横】池だ。
まずは水深と地形把握のためダウンショット爆弾投下。
10箇所ほど投下した際に「コッ...」。

えっ?いまのアタリ?
もう一度同じスポットに投下。

またもや、「ココッ...」
やっぱあたってる。。。

試しに合わすもフッキングしない。
それにしても恐ろしいぐらいの弱々しいバイトだ。
風が吹いていたり、ラインをたるませているとまず分からないよーなアタリだ。
オフセットフックではなく、ます針ならフッキングするかな?と思ったが、当然そんな気のきいたフックを持っているわけがない。

ボトム近辺でのアタリなんで、ディープダイバーのシャッド(【ダンクSP】改フローティング、【プロズスパイク】)を投入する。


ボトムをずりずりとポンプし、たまにポーズ。
そしてちょんちょん。。。と動かした瞬間、なにやら重量感が。。。

コンビニのビニール袋?雑巾?
と一瞬脳裏をよぎるが、グングンと生命反応が。

「おぉ〜、なんか釣れた!」

たいした抵抗もなく上がってきたのは30ぐらいの冬バス君だ。


2011年初バスげっとん♪
サイズが小さいのは、真冬ということで目をつむっておこう。

当初の予定どーり、多少浮いているやつをシャッドのスローリトリーブで攻める。
スローでもきっちり2mラインをタイトピッチで動く【ISワスプ55】で、ゆっくり攻める。



さっきのあたりがあった周辺をスローに引いて、ポーズ。
その瞬間ラインが「パンッ...」と弾かれる。

「えぇ〜?また食った?」
一気にフッキングすると、またもやか弱い生命反応。



どーやら固まっていたよーだ。
ハニースポットを見つけたので、ダウンショットで狙ってみる。

「・・・」

イマイチ反応は薄い。
ただ、非常にいいボトムをしている。
ディープからシャローにかけての深めのショルダー部分にスタンプがごろごろ沈んでいる。
理想のシャッド場ですね。
同じエリアをラインを変え攻める。

そして「コッ」という小枝でも引っかけたよーなアタリが。


相変わらずサイズは小さい。
確か真冬はきたらデカイ・・・と聞いたことがあるのだが。。。

こーなるとトゥイッチによる反応も確かめたくなる。
この状況でダートに飛びついてくるよーなやつはデカイ。
【X-RAP6】でのハードジャーキングだ。


1.5mぐらいまで沈めて、ちょんちょんちょん、ポーズ。
そしてちょんちょん...「カッ」。
きたのはきたが、へんなところにスレがかりしてるんで、明らかに体が追いついていない感じだ。



さすがに連ちゃんとはいえ、トゥイッチには反応しきれない感じだ。

再度スローリトリーブに戻す。
飛距離を稼ぐために、【ハイカットSP】改にチェンジ。



スローリトリーブでたまにポーズ。そして、ちょんちょん。「コッ」って感じで、さらにロリちゃんゲット。




どーも、数は稼げてもサイズは伸びないみたいだ。。。
釣り上げるごとにサイズダウンしている。笑

このエリアにはでかいやつはいてないみたいだ。
かと言って、他に攻めるべくポイントも見つからない。

意を決して、場所移動。
向かったのは【カサパラ】だ。
ノーシンカーぽむさんのシークレットなんでショアラインのみ公開。

この池の周りは雪が所々積もっている。
こんな寒い中で、さらに敢えて寒そーなところに来て、果たしてどーなるのか。

まずは生命反応を確かめるために、ラバージグでボトムの形状、深さなど広く探る。
一カ所だけ浚渫されたよーな深みがある。
周囲より1mぐらいは深いところだ。
これは一体何だ?
とりあえず、そこにダウンショットを投入。

すると着底と同時に、「ココッ...」。
すぐさまフッキング!

「スポッ」

どーも慣れないダウンショットでオフセットでは今日は食わせられない。。。
再度挑戦。

またもや、「ココッ」
今度はテキサスのよーにさんざん送り込んで、フッキング。

初ダウンショットバスです。笑


どーも、ワームの釣りは苦手だ。。。
ネチネチやってられないので、シャッドで一気に攻める。

【ワスプ55】



【ワスプ55】



【ハイカットSP】


全部同じエリアでのヒットです。
ちょうどきりよく二桁釣れて、お日さんも隠れ、グローブをしていても指先が限界になり、終了〜。

本日は厳寒期の冬バス攻略第一弾。
前回ど年末にボーズを食らったので、キツイと思っていたが、バスの居場所さえ特定できれば、あとはどう口を使わすかだけなんで、意外に簡単でした。

ただ、下手くそなだけかもしれませんが、ダウンショット(ソフトルアー)より、シャッド(ハードルアー)のほーが反応が良かったと思います。
ピンポイントでライトラバージグも投入しましたが、反応は得られませんでした。

前回はスースレやジレンマで2mまでのサスペンドバスを狙いホゲましたので、今回はさらにレンジを下げ、ボトムもしくはボトムから10cm以内のレンジに絞り込んで攻めました。
しかもリトリーブスピードは超デットスローに徹しました。
水温も6度とかなり厳しい状況なんで、リトリーブは超スローでないと食ってきませんでした。トゥイッチすら動きが早すぎてついてこれない感じでした。

だから、スローに引いてもキッチリ泳ぐシャッドでないと効果は薄いと思います。
使用したシャッドはワスプ(イマカツ)、ハイカット(OSP)、X-rap(ラパラ)といずれもスローに引いてもタイトに動くルアーです。
いずれも細軸フックに変え、フローティングして上に引っ張る力を大きくすることによって、さらに水を噛み、ゆっくり引いても動きます。
自分は持っていないので想像ですが、市販品ならバンクシャッドがこういった発想で作られたルアーなんでいいかもですね。

また、バスは一カ所に固まっており、釣れた池2つとも、他のエリアを攻めても一切反応がなかったです。
まー、とはいえ、相変わらず小バスばっかりの数釣りですが、真冬なんでこれはこれはいとをかし。。。ですね。

★今日の一言 『やっぱり寒い時期の釣りは修行ですね。。。

★本日の釣果:10匹(〜40mc:10匹)

★2011年累計

【チビバス】〜30cm  :9ひき
【小バス】30〜40cm  :1ぴき
【デカバス】40〜50cm :0ぴき
【ランカー】50〜60cm  :0ぴき
【モンスター】60〜    :---
------------------------------
TOTAL 10匹


JUGEMテーマ:バスフィッシング




















| どろん | お戯れ釣行(1月)♪ | comments(22) | trackbacks(0) | pookmark |

ぷろふぃ〜る♪


かてごり〜♪


月別あ〜かいぶ♪


最近の記事♪


最近のこめんと♪


Recent Trackback


お気に入り♪


管理者ぺ〜じ♪


けんさく♪


釣果〜♪

■ 2010年 557匹
うち50up5匹、40up53匹

■ 2011年 528匹
うち50up11匹、40up80匹

■ 2012年 507匹
うち50up15匹、40up74匹

■ 2013年 382匹
うち50up26匹、40up91匹、60up1匹

■ 2014年 466匹
うち50up15匹、40up66匹

かれんだ〜

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
とけい




てんき


めっせ〜じ

下記ボタンよりメッセージやご感想いただけたら幸いです♪

人気記事〜


みんなのブログポータル JUGEM