巨ベラ日和。。。
2012.02.19 Sunday 21:21
2月18日(土) 15:00-17:00
気温:3度 水温:5度 
天気:晴れときどき曇り
場所:神戸市、加西市野池
釣果:0匹(巨ベラ3。笑)
同行者:トーマス氏


本日は本年度の開幕戦に2時間ほどの短時間ですがトーマスちゃんと行ってきました。

一年で一番水温の低いこの時期、しかも寒波到来と重なり目標は1匹とかなり現実的な設定をしました。

しかし本日は真っ昼間でも気温3度の極寒です。
10分も釣りをすれば指が痛くなり感覚がなくなります。
一カ所20分を限度に何カ所か回って様子を見ることに。。。

まずは近場の『極小野池』に。

全体の4/5ぐらいが凍ってます。。。(*-ェ-)

とりあえず【ジグ】(オリジナル2.2g+スライダーバスグラブ3)でボトムでの永遠シェイクを。

うーん。。。
うんともすんとも言いませんねぇ。

ちなみにトーマスちゃんは氷めがけてフライ気味のキャストで氷割りながらのテキサスをしてます。笑

せめて凍ってないところに移動しよーということで、比較的平地の野池に移動。

『カサパラ』です。

一時期の減水から何故かこの時期に増水してます。。。
写真では分かりませんが、けっこー吹雪いてます(*-ェ-)

最低水温のこの状況で昼間からフィーディングしている気違い君を【フラットラップ6(FLR6)】(サスペンドチューン)で狙います。

寒さも吹き飛ばす、空気の読める気違い君を期待しましたが、もちろんそんな気の利いたヤツなんぞいてませんでした。

【カウントダウン7(CD7)】でレンジ下げます。

このルアーはシンキングなんで、ストップができません。笑
反応なし。。。

なんとなくスローも引いてもキビキビ動くバルサの日と勝手に思い込んでたんで、【テールダンサー5(TD5)】のサスペンドチューンでボトム近辺をストップ&ゴーで攻めます。


最深部あたりでポーズさせていると、いきなりラインがもっていかれまくります。

巨ベラちゃんです。
5lbラインでこのサイズの巨ベラなんで10分以上格闘しました。

それ以外にもヘラスレっぽいバイトが一度のみなんでいどぉー。

目的の池に行く途中におもしろそーな池があったんで、少し遊びます。
この時期にまったく初めての池は危険です。
そもそもバス君がいてるかどーか分からないのに、サーチしても反応がないので不安極まりありません。

とりあえず【バイブ(TN60)】で最深部あたりをチェックして魚信を確かめると、なんか魚が触る感触があります。
何回もトレースコースを変えながら通していると、『ゴンッ』っといきなり重みのあるバイトが。。。

『これはきたやろ・・・』と思ってファイトしていると、なんかおかしい。。。

で、コヤツです(*-ェ-)


完全にバス君のよーなバイトでしたが、巨ベラちゃんです。
リアフックを完全に飲み込んでましたんで、スレじゃありませんです。
今日はこやつらだけは活性が高いみたいです。

バス君がいてるかどーか分からない池は自信が持てないということでいどぉー。

『お戯れ野池』で戯れたいと思います。

ここでも、シャローレンジを【FLR6】、ディープを【TD5】の両刀で攻めてみますが反応が皆無です。

最後の悪あがきを【TN50】で乱れ打ちです。
ボトムをこすりながらの早巻きで『ゴン』っと。


今度はスレでしたが、3連ちゃん。。。(*-ェ-)

あまりの寒さで断念、終了。

車に乗り込むと2度でした。。。

2度とこんな寒い日に釣りしたくありませんです。
結果、見事にボーズです。。。

***************************************************

本日はトーマスちゃんと共に、バス君のバイトはおそらく一度もありませんでした。
なので、考察もくそありません。笑

完全試合の完敗です。。。

当初から最低水温4、5度は読めてました。
そして厳寒期のこの時期、この水温では食わせは何をやっても食わないのは昨年の経験で分かってました。
また寒い中での寒波到来なんで、バスは間違いなく浮いてません。
だからシャッドによる攻めもまったく効かないと思います。

なので、王道の攻めとしては3/8ozぐらいの鉄板、もしくは3/8oz以上のラバジやフットボールによるリアクションなんですが、その攻めはおそらくトーマスちゃんがやるだろうと思い『食わせの釣り』を選択しました。

まー、何が言いたいかって言うと、どーせ何しても釣れないなら自分の好きな釣りをしよーってことです。

その結果がボーズなんで、納得です。

しかし、個人的にはずいぶん久しぶりに本格的な釣りをしましたが、やっぱ釣れなくてもバス釣りはおもしろいもんですねぇ。

ハイシーズンならここをこー攻めて。。。
そしてあんなところをこーやって。。。
こんなところをどーやって。。。

そして、あんなところまで。。。

など考えながら、頭の中では10匹以上釣りましたもんね。謎

来週中から週末にかけて若干気温が上がってくるんで、水温もそのタイムラグから週末には2,3度上昇すると思います。

今年第一発目のプライムタイムは来週末でしょうね。
どでか君がもそっと動きだしそーなんで、また攻めてみたいと思います。


★今日の一言 『釣れなくても投げてるだけで楽しめたら本望。。。』

★本日の釣果:0匹

★2012年累計 
【子バス】〜40cm:0匹 
【デカバス】40cm〜50cm:0匹 
【ランカー】50cm〜60cm:0匹 
【モンスター】60cm〜:0匹  
-------------------------------------------
累計:0匹


JUGEMテーマ:バスフィッシング







| どろん | お戯れ釣行(2月)♪ | comments(12) | trackbacks(0) | pookmark |
スポーン調査。。。
2011.02.26 Saturday 15:21
 2月23日(水) 
11:00〜15:00
気温:17度(釣行開始時)
水温:11度
場所:加東市、小野市、加西市、三木市野池
天気:曇り

潮周りが悪いとか言われる中、定例調査に行ってきました。
まー、どっちにしろスポーン絡みは獲れないので、潮周りは関係ありませんが。笑

午前中、お師匠さまが小野市の野池を攻めているということで見学にいくことに。


水温を計ると、表水温11度、ボトム8度とかなり上昇している。
この池自体は水深も浅く、シャッド(ワスプ55、ジレンマ)でショアラインを一周するも反応がない。
池の最奥にあるワンドで水深も一番深く、風も遮るよーな、『ここでおらんかったら、どこにバス固まんねん』という場所を執拗に攻めるも反応がない。

お師匠さまもライトリグまで使ってせめてるがアタリすらないみたいだ。
この池では、まだルアーが届かない深場にいてるみたいだ。
気温はポカポカ陽気でも、水の中はまだ冬っぽい感じですねぇ。

ここでお師匠さまと別れ、お決まりの定例調査に向かうことに。
今回の調査の目的は春を感じる陽気の中、バスはどー感じているかを確認することだ。

次に向かったのは、近くの【小野ヘラ地獄】池。
スポーン時期に実績の高いこの池は、スポーン時期にしか獲れないでかいやつがいている。


シャローに上がっているバスをミノー(ハマミノー86F)で、ブレイクの落ちたところをシャッド(ジレンマ)で攻めるも反応がない。
雨の影響か、水がこの時期にしてはかなり濁っている。
この濁りのなか、波動の弱いシャッドではインパクトに欠ける。

そこでクランク(ZクランクX Jr)とライトラバージグ(オリジナル3.5g+バグアンツ3)でスローに攻める。
とある浅めのカバーにジグを入れ、バンピングさせていると、『グンッ!』と引っ張り込むよーなバイトが。。。


40弱の固体だが、今までのバイトと異なり、明確なバイトだ。
しかも、ファイトが結構激しかった。
冬モードから多少和らいだ感のあるバス君だ。
ただ他にもバイトはあったものの、フッキングまでいたらず。。。
ショートバイトと思って送り込んでも吐き出してやがります(*-ェ-)
ほぼバイトと同時にアワセを入れてのよーやくの一匹だ。
もう少しウェイトを落としたほーがいいかも。。。

ここでお決まりのヘラ爺さんたちがやってきたので、退散。

【待ち合わせ野池】に。

一時期の激減水から一気に回復して、超満水状態だ。
要所をジグで、オープンエリアをロングビルで流していくも反応がない。
しかしクランクに変え、一投目にバイト!
リーリングしてきて、止めた瞬間でした。
さっきのバスのよーに結構暴れながら抜きあげようとした瞬間フックアウト。。。
40弱のサイズでした。

場所を移動。
【ドクリア池】に。
シャローに魚ッ気まったくなし。

【さくらんぼう池】に。
相変わらずの減水模様だが、珍しく先行者の方がいたので、攻めずに退散。

どこもシャロー側にバスはいてませんでした。
ここで、錯乱坊主氏からの飲みのお誘いがあり、中途半端ですが、撤退することに。。。

本日は2バイト1フィッシュ。1匹のみです(ノД`)
まー、ほとんどルアー投げずに見て回っただけの状態でしたが。。。
一匹だけでしたので、情報としては少ないですが、バイトがあった時のアクション、エリアを考えると、完全なる冬のフリーズ状態からは溶けている印象でした。

ボトム一点でのシェイクではなく、バンピング時のカバー内からの食い上げ、水深も1m前後、そしてヒット後のファイトを見る限り、多少元気になっているよーな感じでした。

それと今年の冬はシャッドメインで攻めていましたが、急な濁りが入ったせいか、野池で濁りが入るとシャッドへの反応が極端に悪くなります。
まー、見せてなんぼのルアーなんで、見えなくなれば反応ないのは当たり前ですが。。。笑
今日の感じだと、クランクも止めた時のバイトだったので、シャッドよりも、ミノーのジャークやバイブレーションなどのリアクション系のほーがいいかもと思いました。

デカメスちゃんは次の大潮前後には動きそーな予感がプンプンしましたが、水温変化と潮周りのタイミングが合うと動き出しそーな感じです。
このメスバスちゃんがシャローに入るタイミングをうかがいに堰堤落ち込み周辺にさしてきたら、おかっぱりの一番のチャンスなんで、しばらくはバスのポジショニングを中心に見ていきたいと思っています。

お仲間の報告によりますと、シャローに子バスがチラホラってことや、でかいやつをサイトで釣ったって話もききますので、どーやら横に動けてきているみたいなので、全てはタイミングですねぇ。
前日との水温差を見て上昇すれば上がってきて、水温が下がればディープに落ちるってのをしばらくは繰り返しそーですね。
また、一日によっても時間帯によりポジショニングが変化しているみたいなんで、春はそこまで来ていると感じた一日でした。


★今日の一言 『春はもうそこまでやってきてますね。。。

★本日の釣果:1匹(〜40mc:1匹)

★2011年累計

【チビバス】〜30cm  :14ひき
【小バス】30〜40cm  :7ぴき
【デカバス】40〜50cm :1ぴき
【ランカー】50〜60cm  :0ぴき
【モンスター】60〜    :---
------------------------------
TOTAL 23匹


JUGEMテーマ:バスフィッシング

| どろん | お戯れ釣行(2月)♪ | comments(12) | trackbacks(0) | pookmark |
冬の小規模減水野池。。。
2011.02.17 Thursday 22:59
 2月17日(木) 
13:00〜17:00
気温:11度(釣行開始時)
水温:9度
場所:加東市、小野市野池
天気:曇り

三寒四温の「四温」の日の3日目。
しかも今年はじめての南風。暖かい雨の予報。。。

これだけ条件そろっていれば考えることはみんな同じですね。
予定はなかったけれど、相方から「行くしかないでしょ」電話をもらい、結局行ってしまいました。

春の風に誘われ、どでかちゃんがブレイクに上がってくるのでは?
の期待を胸に、遅いスタートになりましたが、東播野池に出撃です。

まずは、【小野ヘラ地獄】に。


現地に着いて、水温を測ると表層9度、ボトム7度。
う〜ん。。。いい感じです。

ところどころ山の斜面には雪がうっすら残ってはいるものの、2週間前から2度ほどの上がり調子の9度です。
スポーンはまだ意識していないものの、気の早いやつがブレイク近辺をふらふらするには、絶好のシチュエーションです。

まずは、浅いレンジをジャークによってういてくるやつを狙うために、【阿修羅】フローティングをキャスト。


すごく釣れそーな雰囲気とは裏腹にまったく魚信がない。。。

同じく浅いレンジをサスペンドできる、春の超一軍【マーゲイ ステップキャット】投入。


ちょんちょん、ストップ。
ここでアタリがある予定なのだが、反応なし。。。

「やっぱまだ浮いてこれないなぁ。」

仕方がないので、レンジをコチラから合わせてあげることに。
【ISワスプ55】投入です。



深度2m。ちょうど堰堤の落ちきったところをゆっくるとスローリトリーブ開始すると、潜っている最中に『ゴンッ!』と吸い込むよーなバイトが。

待ってたのはこれです。
今までのよーに、何かにひっかかるよーなバイトではなく、明確に食って反転するバイト。
大物の予感に胸躍らせながら、心地よいファイトを楽しむものの、何かが違う。

で、上がってきたのはスポーンを意識したおヘラさん。笑



フロントフックにがっちりかかってきているので、スレではなく食ってきたよーに思えます。

その後も同じレンジを攻めてみる。
堰堤切れ目で「コンッ」っと短いアタリが。。。
今度はちゃんとファイトをしてくれてるのでバスっぽい。笑



サイズは中途半端な34cm。
とりあえず、ボーズ回避したので、さらにジグで攻めてみる。

ライトラバージグとスコーンで勝負する。

オリジナルジグ(2.3g+フラッピンホッグJr)


オリジナルジグ(5gフットボール+ワンナップシャッド4インチ)

あらゆるトレースコースでブレイクを攻める。
最深部あたりでライトラバージグに「コココンッ」っと明確なアタリが。
聞き合わせすると、既に吐き出してやがりました(*-ェ-)
真冬のラバージグはむじゅい。。。
まともに丸呑みしないショートバイトなのでフッキングの難易度が高い。

まー最深部のボトムでのアタリなんで食い気はほとんどないと思うが。。。

これらジグでの攻めを通して、ブレイク上にはまだ上がってきてないと確信する。

この池を攻めてみて、どーやら自分が季節を先走ってることを実感する。笑
プリプリスポーンをあきらめ、冬の展開をすることに。

場所を移動。
冬の定番。減水小規模野池を攻めることに。

向かった先は、【人っ子一人池】だ。


この野池に来るのは半年以上ぶりですが、いい感じに減水してます。
水深のあるとこに絞り、サスペンドシャッドで攻めます。

まずは【ハイカット】でスローに攻めるも、反応がない。

次に【スピンムーブシャッド】で弱トゥイッチ&ポーズ。


そして、「コン」と短いアタリが。





やっぱり水温10度を切っている状況では、サスペンドシャッド強しです。
いつものシャッドパターンで数釣りに。。。

同じコースを今度はリトリーブで攻める。





金太郎飴サイズばっかりですが、いい感じでフロントフックに食ってきてます。
しかし、【ハイカット】で一通り攻めたあとの、【スピンムーブシャッド】での連ちゃん。
レンジとコースはほとんど同じなので、たぶんカラーの差だと思います。
ハイカットはナチュラル系カラー。
スピンムーブは金黒。
明らかに反応が違います。やはりローライト時の金黒シャッドは外せません。

スレてきたので、【ワスプ】に変更。



本日の最大魚35cmです。。。
相変わらず小バスちゃんとのお戯れです。

池を変えたところで、どこ行ってもこんな感じになりそーなんで、ここで終了。

今日は最高気温が12度、風もほとんどなく釣りにはいい天気でした。
しかも登り調子の水温、低気圧の接近と、条件は冬としては最高とも思えるシチュエーションでした。
その割にバスのポジションがこの冬攻めていたところとまったく同じで、フィールドの変化ほどバスのポジショニングは変わっていませんでした。

今年に入って、冬バス攻略で20匹以上釣ってますが、MAX42cmと完全にデカバス君の居場所を見失っている状況です。
考えられる理由としては、ミドルレンジをシャッドでパターン化しているので、カバー攻めをほとんどしていません。
やはりでかいやつをこの時期に狙うには、シャローのカバーを攻めないとダメなよーな感じですね。

あとは個人の趣向ですが、まったく反応がなく一日やってワンバイト。。。みたいなことをやっていると、バスが恋しくなります。笑
そのため、安易に小バス戦略に切り替えてしまっているのも事実です。

まー、お戯れ度は高いんで、これはこれでオモシロイんですけどね。。。
それと1月後半に比べ、低水温ながら水温が安定してきたのか、反応は悪くはありませんでした。
ポーズ中ではなく、リトリーブ中のバイトも多く、また巻いてもフロントフックにかかるよーになってきています。
こんだけ寒い日が続いてましたので、最低気温が10度を切らないよーになったときには、その反動で爆発しそーな予感大です。

まー、とは言え、水温が12度を上回らないと、あと1ヶ月ぐらいはこんな釣果になりそーな感じがした一日でした。


★今日の一言 『春未だ来ず。。。

★本日の釣果:6匹(〜40mc:6匹)

★2011年累計

【チビバス】〜30cm  :14ひき
【小バス】30〜40cm  :6ぴき
【デカバス】40〜50cm :1ぴき
【ランカー】50〜60cm  :0ぴき
【モンスター】60〜    :---
------------------------------
TOTAL 22匹


JUGEMテーマ:バスフィッシング
| どろん | お戯れ釣行(2月)♪ | comments(22) | trackbacks(0) | pookmark |
猪名川探索隊。。。
2011.02.11 Friday 11:28
 2月10日(木) 
14:00〜16:00
気温:7度(釣行開始時)
水温:7度
場所:猪名川
天気:曇り
同行者:なし

今年のテーマはいつくかあるのですが、その一つに【猪名川・藻川バス釣り攻略】ってのがあります。
車で5分ほどで行ける都市型近郊河川はお遊びで何回か行ったことはあるんですが、本格釣行となると、昨年一回のみです。


一回しか行ってないのに、当blog検索ワードで常に上位に入っており、意外と猪名川、藻川は皆さんの人気スポットかもしれません。
せっかく釣り場がご近所にあるのに、攻略しないのはバチがあたるということで、今年は本格的に攻めたいと思ってます。

その足がかりとして、今日は少し探索をしてきました。
時間も2時間ほどしかないので、釣りは二の次で、狙いはこれからのプリの時期にステージングするエリアとスポーン場を確認しに行くことです。
そのために特に流れのヨレやワンドを中心に見ていくことにしました。
もちろんあわよくば、この時期に口を使うどでかいやつをシトメれたらという下心見え見えです。

まずはお約束の巨泉さん下に駐車します。


すぐ近くの本流筋。

風がきつくて、寒すぎです。。。
すでに撤退しよーか悩んでます。笑

本日のタックルは、ファーストテーパーのミディアムアクションロッドにルアーは2つのみ。
ライトラバージグ(3.5g+バグアンツ)、スコーン(1/4oz+アンモナイトシャッド)という極めてシンプルかつ手抜きなリグで挑戦です。



まずは、足元のカバーにラバージグ投入。
あんなところや。。。


こんなところに。。。


予想どーり反応がまったくありません。
てか、風強すぎでアタリあってもたぶん分かりません。笑

本日のメイン。各ワンンドの調査へ。。。
すぐ近くのシャローワンドです。


手前がワンド、奥が本流です。
いい感じに流れを遮っていますが、水深が浅すぎです。
深くて50cm程度か。。。

反対側(上流側)

スポーンエリアになり得るかもしれませんが、足場も良くプレッシャーも相当高いので、ここまで入ってこないかも。
とりあえず本流との合流点あたりのブレイクをスコーンで少し探るも反応なし。
ラバージグでズル引きをするも、反応なし。
ただ、水深も適度でリップラップが沈んでいるいいブレイクです。
もう少し季節が進行するとアツイかも。。。

このワンドの一番際奥のカバー下に見えバス君がいてました。


写真では見えないですが、30cm前後でボケェ〜っとしてます。
そっとラバージグを落とすも、無視というか見えてない?
試しに魚体に直接当ててみましたが、動きません。
どーやら仮眠中みたいです。。。

シャローの見えバス君がこんな状態なんで釣れるわけがありません。笑

次にもう一つの気になってたワンドへ。


こちらは見事に風と流れをブロックしており、水深も多少深い。
といっても、最深部で1mほどか。。。

足元の水深がありそーな、倒れ葦にラバージグを投入していくも、まったく反応がない。


このワンドはどこで本流と合流しているのか、下流側に探索に行くことに。。。
最下流まで来ましたが、合流している様子がない。
ここはただの水たまり?

ただ、スコーンで流しているときに、一度だけスレっぽいあたりがあった。
ヘラかバスか分かりませんが、生命反応は確かにありましたんで、何かいてると思います。

そして最下流。
前回来た堰堤までやってきました。


堰堤上の船のラジコンポイントを覗くと、子バスちゃんが2,3匹いてましたんで、ライトリグでこそこそやればいいかもです。
寒いのでやりませんでしたが。。。



今日はこの辺で。。。
と思いましたが、もう一箇所気になっている場所があるので、そちらを目指します。
今度は巨泉さん上流の、最明寺川合流付近のテトラ帯です。

いつも車で走っているときに気になって仕方がなかったポイントです。笑


正面左が最明寺川、右が猪名川本流。
足元のテトラをラバージグで2,3箇所攻めてみる。


この時期のアウトサイドベントは厳しいか。。。

ここで、あまりにもの寒さで断念。
今年初のボーズ体験でした。。。


今日は釣果も体もサムサムな結果となりました。
まー、元々散歩だけで釣りをするつもりもなかったことと、この時期に短時間で猪名川で簡単に釣れるとは思ってませんので予想どーりと言えばその通りの結果です。

本日見て回ったエリアは、見えバスが見えたものの魚影はそんなに濃いエリアのよーには感じませんでした。
また、プリスポーンの時期に攻めれる場所も極めて限られてると思います。
またハイシーズンになれば草が生い茂り、かなりの藪こぎをしないとベストポイントにははいれない印象です。

前回、今回でこのエリアはほぼ把握でき、川の王道でもある、【よどみ】【深み】【カバー】が重なり合うスポットも数箇所見つけましたので、これから実釣にて展開していきたいなぁ。。。と改めて思いました。


★今日の一言 『猪名川攻略するには、いかにミクロなマイスポットを持てるか。。。だと感じた一日でした

★本日の釣果:0匹

★2011年累計

【チビバス】〜30cm  :11ひき
【小バス】30〜40cm  :4ぴき
【デカバス】40〜50cm :1ぴき
【ランカー】50〜60cm  :0ぴき
【モンスター】60〜    :---
------------------------------
TOTAL 16匹


JUGEMテーマ:バスフィッシング






| どろん | お戯れ釣行(2月)♪ | comments(20) | trackbacks(0) | pookmark |
冬バスポジションサーチ。。。
2011.02.04 Friday 11:05
 2月3日(木) 
12:00〜16:00
気温:10度(釣行開始時)
水温:9度
場所:加西市野池
天気:晴れ
釣果:4匹

2月に入り、思いもよらない穏やかな日々が続いている。
本日は予定ではなかったが、水温も相当高いと読んで、どーしてもバスの状況を確かめたく、出撃してきました。
道中お師匠さまにお誘いの連絡をするも、今日は夕方から出撃されるとのことで、時間が合わず単独釣行となった。

本日の確かめたいこととは、一週間前と比べ気温がずいぶん上がったので、バスのポジションがどー変化しているかということだ。

仮説として、
.妊ープからシャロー側へ移動している。
▲櫂献轡腑鵑修里泙泙妊譽鵐犬世云紊欧討い襦
2燭睚僂錣蕕覆ぁ

これらを主にシャッドでサーチして、状況を掴みたいと思います。


そーいう意味では、今回は時間も限られてるため、野池を一箇所に絞りじっくり攻めてみることに。
いつものよーに、バスが居ているであろーところをメインで攻めるのではなく、「居てない」ことを確かめる釣りが必要なのだ。

向かった先は、前回までバスのポジショニングをつかんでいる、加西市【カサパラ】だ。

まず到着して水温を計る。
表水温9度。ボトムで6度だ。
前回来た時のほぼ倍の水温だ。笑

まずは1mまでのシャローを【マーゲイ ステップキャット】で攻めることに。
シャローにうじゃうじゃってのは頭からなかったが時間をかけチェックする。
池を一周するも、反応が得られない。
予想どーりだが、暖かいとはいえ2月上旬だ。

次に少しレンジを下げ(1m〜1.5m)、ブレイクのショルダーを中心に【スクワレル61sp】で攻めてみる。
時折トゥイッチを混ぜ、スローに引き、これまた池を一周する。
またもや反応なし。

ここで一気に最深部を攻める。
バイブレーション【マッジーバイブ】でリフト&フォールをしていると、リフトしてフォールする瞬間に「コンッ」とバイト。


ボトムから30cmぐらい浮かせたところぐらいだ。
そして、さらに巻き続けてると、シャロー側の見えるところまでバス君がチェイスしてきました。
ハイシーズンならともかく、この時期にバスのチェイスが見られるとは思ってもみなかったので、新鮮でした(*vv)

多少動けて、浮いてるのでは?ということで、【クランキングスーパーキラービル】でスローにまきまきしてみる。


ブレイクの落ちきったあたりで、「ゴンッ」と追い食いするよーなバイト。
レンジ的にはちょうど2mぐらいか。


さらに執拗に攻める。
すると、前回のハニースポットで「コンッ」。


またもやアベレージサイズの30cm台。
前回同様、やはりバスは動いておらず、同じ場所に固まってるよーだ。
どーもルアーの頭側から食ってるのではなく、後ろから精一杯ついてきて食ってるよーな感じだ。

さらにルアーをスローに引くため、スロースペシャル【ワスプ55】で激デッドスローに同エリアを巻いてみる。

すると、「コンッ」っと小気味良いアタリ。
激スローにまいて、よーやくフロントフッキングだ。

エリア・レンジ・スピードをよーやく見つけた。
エリアは前回同様の、この池の一段深くなっているショルダー部分だ。
ただ、前回にくらべヒットレンジが多少上がっている。
中層にサスペンドって感じでもないが、ボトムから30cm内外だ。
ポカポカ陽気で表水温が一気に暖められ、水温の安定しているボトムとの変化がはっきりでたので浮いたのではないかと思います。

パターンが見え、しかもバスが動くことができるということなので、おそらくこの攻め方でやれば、シャッド天国になり得るはずだが、今日は夕方から予定があるのと、ミッションは達成したので、これで納竿。



今日は、シャッドによるサーチの釣りでした。
前回、今回で同じ池を同じ時間帯に攻めてみて、水温差による厳寒期のバスの位置取りにどのような変化があるのか?を調べたかったんですが、結論多少水温上がろーが、バスの居場所に変化はありません。笑
春の10度と冬の10度は全然違います。

おそらく仮死状態から溶けて動けるよーにはなったとは思いますが、まだ当然捕食を意識したり、春を意識したりはしてないと思われます。
ただ微妙でしたが、若干レンジは上げてました。

つまり、冬バス君たちは、横(ディープ→シャロー)への動きはしませんが、縦(ボトム→中層)への動きはできるということ。

もう一点分かったのは、ハイシーズンではほぼ影響のない水温1度の変化が、冬バスにはあらゆる変化をもたらすということです。
この時期はやはり少しでも暖かいところを攻めるべきですね。

まー、暖かくなったとはいえ、グローブなしでは少し辛かったです。
やっぱこの時期は丸一日攻めるのはきついかもですね。
冬攻めは楽しいですが、やっぱ暖かいほーが断然いいと改めて感じる自分は、いつまで経ってもなんちゃって冬バサーだなぁ。。。と思う今日この頃です(*vv)

それと、ここ一週間暖かなな日が続き、水温も10度前後で安定すると思われますので、この週末は2月ではあり得ないぐらいのプライムウィークエンドとなり得ると思います。
バスは固まってて、しかも口を使ってくれます。
フィッシングショーもいいですが、是非釣り場にでかけてみてくださいましー。

まー、僕は仕事でどっちも行けませんが。。。(ノД`)



★今日の一言 『野池のバス君が多少生き返り、ホッっとしました。笑

★本日の釣果:4匹(〜40mc:4匹)

★2011年累計

【チビバス】〜30cm  :11ひき
【小バス】30〜40cm  :4ぴき
【デカバス】40〜50cm :1ぴき
【ランカー】50〜60cm  :0ぴき
【モンスター】60〜    :---
------------------------------
TOTAL 16匹


JUGEMテーマ:バスフィッシング
| どろん | お戯れ釣行(2月)♪ | comments(16) | trackbacks(0) | pookmark |

ぷろふぃ〜る♪


かてごり〜♪


月別あ〜かいぶ♪


最近の記事♪


最近のこめんと♪


Recent Trackback


お気に入り♪


管理者ぺ〜じ♪


けんさく♪


釣果〜♪

■ 2010年 557匹
うち50up5匹、40up53匹

■ 2011年 528匹
うち50up11匹、40up80匹

■ 2012年 507匹
うち50up15匹、40up74匹

■ 2013年 382匹
うち50up26匹、40up91匹、60up1匹

■ 2014年 466匹
うち50up15匹、40up66匹

かれんだ〜

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
とけい




てんき


めっせ〜じ

下記ボタンよりメッセージやご感想いただけたら幸いです♪

人気記事〜


みんなのブログポータル JUGEM